前進し続けるRuby活用事例から大賞を選考!『Ruby biz Grand prix 2019』

[2]Ruby biz Grand prix 2018で受賞した企業の声

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

ビジネスの領域でRubyを活用し,世界に向けてサービスを発信している企業や団体,個人を表彰する「Ruby biz Grand prix 2019」が,12月12日(木)に開催されます。第2回では,昨年の受賞者の声を紹介します。

Ruby biz Grand prix 2018で受賞した企業の声

Ruby bizグランプリ2018 大賞

川越 一磨 様

Photo:Shunichi Oda

株式会社コークッキング
TABETE
代表取締役CEO
川越 一磨(かわごえ かずま)
質問① Ruby biz Grand prixを受賞したプロダクトにおいて,Rubyを利用することに決めた理由を教えてください。

「迅速な開発力」そして「柔軟な対応力」が求められる開発状況において,Rubyは相性の良い言語だと考え採用いたしました。日本ではフードロスの認知度が高くないことに加え,TABETEのようなフードシェアリングサービスは日本初の試みであるため,手探りな部分も多く,短い期間で方針が大きく動くことも少なくありません。そんな社会的なサービスを開発するにあたり,Rubyは強い味方になりました。

質問② Rubyがほかの開発言語より優れていると考えている点を教えてください。

Rubyは,PDCAサイクルを最速で回すことができる言語だと思います。開発者にとって直感的で覚えやすいうえに,調べやすい言語です。作りたいものをサポートする強力なツールが豊富なおかげで,最高のパフォーマンスが発揮できます。特に,エンジニアリソースも資金も限られた中で開発スピードを担保しなければならないスタートアップという環境では,大変ありがたい言語だと感じました。

質問③ Ruby biz Grand prixを受賞したことでビジネスや開発業務に何か変化はありましたか。

今回の受賞を機に複数のメディアで取り上げていただき,サービスの技術に興味を持ってくださるエンジニアの方が増えたという印象があります。受賞させていただいたことで,今まではなかったサービスの技術面での露出につながったと感じています。

Ruby bizグランプリ2018 大賞

島田 喜裕 様

スタディプラス株式会社
Studyplus
CTO 島田 喜裕(しまだ よしひろ)
質問① Ruby biz Grand prixを受賞したプロダクトにおいて,Rubyを利用することに決めた理由を教えてください。

アプリのAPI開発をする際に,gemなどの再利用性の高さやRuby on Railsの採用事例・情報の豊富さから安定した生産性と柔軟性を持った開発が実現できると感じたためです。

質問② Rubyがほかの開発言語より優れていると考えている点を教えてください。

簡潔に実装でき,容易に試せる生産性の高さがあると思います。また,コミュニティが活発である点と,ライブラリが充実していて参考となる事例が豊富にあることがメリットだと感じます。

質問③ Ruby biz Grand prixを受賞したことでビジネスや開発業務に何か変化はありましたか。

Rubyを利用しているという認知が拡大したと感じています。Ruby経験者やこれからRubyを利用して開発したいというエンジニアの応募が増加したと思います。

Ruby bizグランプリ2018 特別賞

金近 歩 様

株式会社オクト
&ANDPAD
リードエンジニア
金近 歩(かねちか あゆむ)
質問① Ruby biz Grand prixを受賞したプロダクトにおいて,Rubyを利用することに決めた理由を教えてください。

建設業界には多くの職業が存在し,そこに付随する業務も非常に多岐にわたっており,汎用性があり自由度が高く柔軟,かつ少ないコード量で多くの処理ができるRubyは複数のサービスを提供するうえで,最適な言語であると考え採用しました。

質問② Rubyがほかの開発言語より優れていると考えている点を教えてください。

お客様から寄せられる多くの機能改善要望の対応を可能にし,よりみなさまに満足していただける早いサービス開発が実現できているのは,Rubyの生産性の高さによるものだと思います。

質問③ Ruby biz Grand prixを受賞したことでビジネスや開発業務に何か変化はありましたか。

受賞により,Ruby界隈での知名度が大きく向上しました。また,技術顧問として松田明氏にご参加いただいたり,採用の場などを通じて多くのRubyを愛するエンジニアとの出会いにつながっています。

Ruby biz Grand prix 2019 開催概要

募集内容(すでに募集は終了)

Rubyを使った自社商品・サービスなどで,Rubyの特徴を活かし,⁠新規性」⁠独創性」⁠市場性」⁠将来性」に富んでおり,今後継続的に発展が期待できるビジネス事例を募集。おおむね1 年以上ビジネスが継続されている国内外の事例が対象。

表彰
  • 大賞2点程度(表彰状,記念品,副賞100万円)
  • 特別賞3点程度(表彰状,記念品,副賞30万円)
審査基準のポイント
  1. 事業の成長性と持続性
  2. Rubyとの関わり方
  3. 事業の社会的な影響度(事業の実効性・インパクト)
  4. その他独自の特色ある事項,アピールポイント
主催
Ruby biz グランプリ実行委員会/島根県
Webサイト
https://rubybiz.jp

Ruby biz Grand prix 2019 表彰式

来る12月12日(木)に帝国ホテル(東京都)で,いよいよ本年度のグランプリが発表されます。今年のITトレンドを牽引するサービス/企業が一堂に会する本イベントの詳細はWebページをご覧ください。

次のページより,グランプリを目指す企業/サービスをご紹介します。