インフォメーション

7/20,21開催「OpenStack Days Tokyo 2017」プログラム発表/参加申し込み開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

7月20日(木)⁠21日(金)に東京,虎の門ヒルズフォーラムにて開催されるOpenStackのグローバルイベント「OpenStack Days Tokyo 2017」⁠主催:日本OpenStackユーザ会/OpenStack Days Tokyo 2017実行委員会)プログラム詳細が発表され,5月17日にイベントWebサイトで参加登録の受け付けが開始された。

第5回目の開催となる今年は「オープン×コラボレーション」をテーマとして,OpenStack on Kubernetesといったコンテナ技術とのコラボ,OpenFog/IoTとのコラボ,DevOps/CI/CDとのコラボといったセッションが多数予定されている。

初日の基調講演は,OpenStack FoundationのCOO,Mark Collier(マーク・コリアー)氏と,同Executive DirectorのJonathan Bryce(ジョナサン・ブライス)氏によるコミュニティの最新情報,グローバルのOpenStackエコシステム最新の導入事例などについての講演。また,Cloud Foundry FoundationのDevin Davis(デビン・デイビス)氏がCloud Foundryのコンセプトについての講演を行う。

2日目の基調講演は,⁠株)ドワンゴの宮本 卓氏による同社のOpenStack導入についての紹介。そして,シークレットスピーカーとして某自治体の担当者による地方自治体におけるOpenStack採用事例の紹介が行われる予定。

この他のHavanaとMitakaのバージョンの異なるクラスタを並列で運用しているGMOペパボ⁠株⁠のプライベートクラウド構築や,通信キャリアのメンテナンスに関するKDDI⁠株⁠の取り組み,⁠株)サイバーエージェントのコンテナ技術を組み合わせたクラウド利用など,興味深い事例が紹介される。スポンサーセッションは全29,32社のスポンサーが展示・デモンストレーションを行う予定となっている。

「OpenStack Days Tokyo 2017」の開催概要は以下の通り。

テーマオープン×コラボレーション
日程2017年7月20日(木)⁠21日(金)
会場虎の門ヒルズフォーラム
主催OpenStack Days Tokyo 2017 実行委員会
定員3,000名
参加費無料 ⁠事前登録制)
申込イベントWebサイトから
登録締切:2017年7月14日(金)17:00(定員となり次第締切)
URLhttp://openstackdays.com/

コメント

コメントの記入