インフォメーション

エクセルソフト,Windows用TCP/IPネットワーキングコンポーネントの最新版「SocketTools 10」の販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

エクセルソフト株式会社は,Catalyst Development社のインターネットアプリケーション開発ツール「SocketTools 10」を2019年10月7日から国内で販売開始した。新バージョンのSocketTools 10には,Windows 10 Build 1903,Windows Server 2019,およびVisual Studio 2019のサポートが含まれる。新しいクラウドストレージおよびIPロケーションコンポーネント,新しいデータ暗号化機能,TLS 1.3のサポートが含まれ,Windowsプラットフォームで利用可能。

製品概要

 SocketToolsは,Windows用のTCP/IPネットワーキングコンポーネントおよびライブラリ。開発者のニーズ,開発環境,および開発言語に応じて,.NET,ActiveX,Libraryの3つのエディションが用意されている。SocketToolsを使用することで,ファイルのアップロードおよびダウンロード,Webサーバーとのデータ交換,電子メール メッセージの送信,メール サーバーからメールのダウンロード,リモート コマンドの実行など,アプリケーションにインターネット機能を簡単に組み込むことができる。

またSocketToolsは,業界標準のSSL,TLS,SSHプロトコルをサポートし,アプリケーション データの暗号化およびセキュアを保証する。異なるタイプのコンポーネントを使用したり,複数のプログラミング言語で作業するなど,フレキシブルな使用を要求する開発者向けに最適な,3つのエディションをすべて含むSocketTools Subscriptionも用意されている。

SocketTools 10 の新機能

  • 新しいプライベート クラウド ストレージ コンポーネント:
    パブリック サードパーティ プロバイダーを使用したり,別のサービスに加入したりすることなく,アプリケーションがデータをリモートで保存および管理できる。データは安全に保存され,サーバーへのすべての接続はTLS 1.2およびAES256ビット暗号化が使用される。
  • 新しい地理的なIPロケーション コンポーネント:
    ソフトウェアが実行されているコンピューター システムの物理的な場所に関する特定の情報をアプリケーションが取得できる。このコンポーネントは,ローカル コンピューターの外部IPアドレスを使用してその場所を特定し,国,都市名,使用しているサービス プロバイダーなどの一般情報を返す。また,経度,緯度,GPS座標など,より具体的な位置情報を返すこともできる。
  • 新しい汎用暗号化機能:
    AES 256ビット暗号化とSHA-256ハッシュ パスワードを使用してデータ ファイルまたはメモリ ブロックを暗号化および復号化し,暗号化および復号化キーを生成できる。これをストレージ サービスと組み合わせて,アプリケーションが保存するデータを暗号化できる。
  • TLS 1.3のサポート:
    MicrosoftがWindows 10およびWindows Server 2019で一般的に利用可能にするとき,SocketToolsはTLSの最新バージョンをサポート。SocketToolsはMicrosoftのCryptoAPIおよびSchannelプロバイダーを使用するため,TLS 1.3サポートは,このバージョンのプロトコルを使用するように更新されたWindowsのバージョンでのみ機能する。
  • Windows 10 Build 1903,Windows Server 2019およびVisual Studio 2019サポート:
    Visual Studio 2019および.NET Framework 4.8のサンプルが含まれる。

開発ライセンス価格

製品名税抜価格
SocketTools .NET Edition59,300円
SocketTools ActiveX Edition59,300円
SocketTools Library Edition59,300円
SocketTools Subscription104,300円

※製品の詳細については,製品Webページを参照のこと。