インタビュー

他社の動きや技術追求に興味はない,「ユーザの要望」にのみフォーカスする ─AWS チーフエバンジェリスト ジェフ・バー氏

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

クラウドの世界でAWS(Amazon Web Services)が圧倒的な強さを誇るにはそれなりの理由があります。今回,来日したAWSのチーフエバンジェリストとして世界中のAWSユーザから慕われているジェフ・バー(Jeff Barr)氏にインタビューする機会を得たので,あらためてAWSの強さの理由に迫ってみたいと思います。

ジェフ・バー氏

ジェフ・バー氏

エバンジェリストは“ユーザとAWSをつなぐ通訳”

─⁠─ジェフさんの今回(10/4~9)の来日の目的は?

ジェフ・バー氏(JB)⁠3つほどあります。まずはAWSの大切なパートナー企業であるワークスアプリケーションズの新製品ERP「HUE」の発表会への参加です。HUEはクラウドで動作するERPアプリケーションですが,これはAWS上で構築されています。ワークスアプリケーションズとは5年前から一緒に仕事をしていますが,今回,こうしたかたちですばらしいERPが世に出ることを心から嬉しく思います。

2つめはJAWS-UG(Japan AWS User Group)を含む日本のユーザの皆さんとお会いすることです。これまで15回ほど日本に来ていますが,アグレッシブなユーザの方々と話をするのはいつも本当に楽しくて勉強になります。

最後はAWSのエバンジェリストたちとのミーティングです。AWSでは現在,グローバルでエバンジェリストの数を増やしていきたいと考えているので,どういう方向性で強化していくべきかを話し合っています。

─⁠─AWSのエバンジェリストといえば,最近,堀内康弘さんがAWSを辞められてしまいましたね。

JB:彼のように優秀なエバンジェリストが離れてしまったのはとてもさびしいですが,そもそもエバンジェリストという人種はたくさんのお客様やパートナーと話をしていくうちに,逆にお客様から触発されてしまう宿命にあります。教えるているつもりが教えられているという感じでしょうか。堀内さんもAWSでたくさんのお客様と接したことでいろいろと触発され,自分の中で何かが変わり,エバンジェリストとして次のステージに行きたくなったのかもしれません。堀内さんがAWSを踏み台にしたとしても,それはエバンジェリストして自然な成長を遂げたということです。今後の活躍を心から期待しています。

─⁠─ジェフさんはチーフエバンジェリストとしてどんなお仕事をされているんでしょうか。

JB:私の主な仕事は3つあります。AWSのブログで定期的にAWSの情報を発信していくこと,TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアでの発信を行うこと,そして今回のようにダイレクトにお客様やパートナーと会って情報交換を行うことです。あなたのようなプレスとのインタビューもその一環です。AWSの膨大なアップデート - 新製品リリースや機能強化,価格改定などを,その都度,一般の人々にわかりやすく伝える,これがエバンジェリストとしてのミッションです。AWSとユーザをつなぐ通訳と思っていただければ。ブログによる情報発信はもう10年続けています。

仕事の効率性という面から考えると,一度の発信でより多くの人々に伝えられるオンラインのほうが生産性が高いのかもしれません。ブログやTwitterで発信すれば一瞬で世界中にAWSからのメッセージを届けられます。しかし世界各地のユーザと直接会って話をすることも非常に有益ですし,なにより楽しい。今回も日本訪問でもたくさんのユーザやパートナーに会えてとても楽しい時間を過ごせました。とくに初めてのユーザの声を聞くときは,どんなフィードバックをもらえるのだろうかとわくわくしますね。パズルのピースをひとつひとつ埋めていく感覚に似ています。

─⁠─AWSには10年以上在籍していると伺っていますが,そもそもどうしてエバンジェリストの道に入られたのでしょうか。

JB:正確には12年(2002年入社)です。AWSの前はMicrosoftにもいたことがありますが,小さなベンチャーでエンジニアとして製品開発をしていた時期がわりと長かったですね。開発に関わっていたときは「いい製品なのにどうして売れないのかなあ」というフラストレーションをつねに抱えていました。中身は良くても製品のメリットが正しくユーザに伝わっていない,だから売れない,そのことに気づいてからはコミュニケーションの重要性を強く意識するようになりました。エバンジェリストを志したのもそういう理由からです。

ちなみに大学での専攻はコンピュータサイエンスでしたが,コミュニケーションスキルを体系的に学ぶ必要を感じ,もう一度大学に入り直しました。つい先日,ワシントン大学のコミュニケーション&デジタルメディア学部のMBA過程を修了したばかりです。

─⁠─コミュニケーションにもスキルが重要だと。

JB:エバンジェリストの仕事にはコミュニケーションスキルは必須です。肌感覚だけでなく科学的アプローチで取り組んでこそ,より多くの人々に,より正確にメッセージを伝えることが可能になります。

─⁠─エバンジェリストの仕事にも"カスタマーフォーカス(顧客中心)"というAWSの基本姿勢が見えるような気がします。

JB:ユーザの声を聞くという仕事はひとつのアートです。ユーザからはよく「こんな機能がほしい」⁠こういうサービスをはじめてほしい」と提案されます。ここでフォーカスすべきは,ユーザが求めている機能そのものではなく,その機能を求める背景,つまりユーザが実際に抱えている課題です。ユーザが本当に解決したいと考えている課題を正しく捉えるためにも,ユーザの声を聞くというエバンジェリストの役割は重要なのです。ユーザの声を聞くときも1つの企業だけではなく,複数のユーザのリクエストを分析して問題を絞り込んでいます。

もうひとつ重要なのは,現在だけでなく将来も見据えることです。新しい技術があったとしても,その技術が近い将来,どう発展するのかを予測してポテンシャルを計るようにしています。流行の技術だからという理由だけでサービスをローンチすることはありません。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

2014年

  • 他社の動きや技術追求に興味はない,「ユーザの要望」にのみフォーカスする ─AWS チーフエバンジェリスト ジェフ・バー氏

コメント

コメントの記入