ニュースリリース

ビーブレイクシステムズ,クラウドERP「MA-EYES」に「36協定状況一覧」機能を追加実装

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

株式会社ビーブレイクシステムズは2017年4月14日,同社が提供するクラウドERP「MA-EYES」に,新機能として「36協定状況一覧」機能を追加実装した。

36協定とは,正式には「時間外・休日労働に関する協定届」と呼び,労働基準法第36条が根拠になっていることからその名称が付いている。同条項には「一定期間における延長の限度時間(月の時間外・休日労働時間)は,1ヵ月45時間を超えると,健康障害のリスクが徐々に高まり,100時間または2~6ヵ月平均で月80時間を超えると健康障害のリスクが高まる」としており,従業員の勤務時間に対して,雇用主である企業が超過勤務にならないよう,業務全般の監督・管理を求めることを推奨したもの。

今回,MA-EYESに追加実装された「36協定状況一覧機能」により,ユーザ単位で月別の残業時間(超過時間)や対象期間の超過累計時間や超過回数,設定した条件を超えた労働が発生した場合にアラート表示させることができるようになった。これにより,企業側で36協定違反を未然に防ぐことができ,過重労働に対する対策をたてることができるようになる。

36協定状況一覧超過時間帳票

36協定状況一覧超過時間帳票

株式会社ビーブレイクシステムズ
URL:http://www.bbreak.co.jp/

コメント

コメントの記入