ニュースリリース

グレープシティ,Windowsコンポーネント新バージョン「ComponentOne Studio 2017J v1」リリース,ガントチャート,複数行グリッド等を追加

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ⁠株⁠は5月17日,Windows開発コンポーネントスイート「ComponentOne Studio」の新バージョン「2017J v1」をリリースした。

ComponentOne Studioは,Visual Studioでの開発をより便利にするコンポーネントスイート。Windows FormsをはじめASP.NETやUWP,SilverlightといったWindowsアプリケーションに対応し,プラットフォームごとにデータグリッドやチャート,帳票,UIコンポーネントが多数収録されている。OSのアップデートや新フレームワークへの対応も速く,近年は年に3度のバージョンアップが行われている。

販売は1年更新のサブスクリプションモデルで,すべてのプラットフォームを含む最上位エディション「ComponentOne Studio Enterprise」のほか,Windows Forms,WPF,ASP.NET Web Forms,ASP.NET MVC,Silverlight,UWPの機能限定エディションが用意されている。

新バージョン「2017J v1」では,WPFエディションに,ガントチャートコントロール「GanttView(ガントビュー)⁠が追加された。プロジェクト管理ツールに等に便利なガントチャートを簡単なコードとプロパティ設定のみで追加できる。

GanttViewの利用例

GanttViewの利用例

またASP.NET MVC開発用エディションには,1レコード複数行表示を可能にするグリッドコントロール「MultiRow(マルチロウ)⁠を追加。横スクロール無しでレコードの情報をより多く一覧できる(※ ComponentOne Studio Enterpriseのユーザのみ利用可能)⁠

WinFormsエディションには「TreeView」を追加,階層データを簡単に折りたたんだりまとめたりできる。

このほか,OLAPというExcelのピボットテーブルおよびピボットグラフに類似したオンライン分析処理コントロールが複数のエディションで使用可能となった(※ ComponentOne Studio Enterpriseのユーザのみ利用可能)⁠

WPF,UWPの各エディションにはInputPanelという複雑な入力フォームを簡単にレイアウトできるコンポーネントが追加されている。

料金は,最上位エディション「ComponentOne Studio Enterprise」の1ユーザーライセンスあたり初回費用162,000円,更新費用は初回費用の40%である64,800円,各限定エディションは初回費用108,000円,更新費用43,200円(価格はいずれも税込)⁠この他Webプラットフォーム対応版には,利用者ごとに配布ライセンスが必要となる(配布ライセンスは永続ライセンス)⁠

なお,ComponentOne Studioと同シリーズである,⁠Wijmo」⁠JavaScriptライブラリ)⁠⁠Xuni」⁠モバイル用コンポーネントセット)についても,同日に新バージョン「2017J v1」をリリースしている。

ComponentOne Studio
URL:http://c1.grapecity.com/
グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com/

コメント

コメントの記入