ニュースリリース

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2017 in Mitaka」 受賞者が決定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2017年12月2日(土)⁠三鷹市の三鷹産業プラザにおいて「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2017 in Mitaka」の最終審査発表会が開催され,最優秀賞,優秀賞,審査員特別賞の各賞が決定した。

最終審査に残ったのは,応募総数83件の中から,一次審査を突破したゲーム部門6作品,クリエイティブ部門3作品の計9作品。各作品のプレゼンテーションの後,Rubyの生みの親まつもとゆきひろさんを審査委員長とする8名の審査委員による最終審査が行われた。

その結果,ゲーム部門の最優秀賞は愛媛県立松山工業高等学校1年の福永蓮(ふくなが れん)さんによるアクションパズルゲーム「ぴったり迷路」に,クリエイティブ部門の最優秀賞は昨年に引き続き,岩手県高校3年の千田小百合(ちだ さゆり)さんによる数式ノートアプリ「Ultimus(アルティマス)⁠に決定。受賞者には表彰状のほかノートパソコンやタブレットなどが贈呈された。

そのほかの審査結果は同コンテストの発表ページで参照できる。

このコンテストは今回が7回目の開催となり,2018年度には第8回を開催予定。

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト
https://www.ruby-procon.net/

バックナンバー

2017年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入