ニュースリリース

SORACOM,省電力セルラー「LTE-M」対応サービス提供を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

⁠株⁠ソラコムは,2018年7月に行われた同社のイベントでアナウンスのあったセルラーLPWA「LTE-M(Cat.M1)⁠への対応を,9月26日から開始することを発表した。新しいサービス名は「plan-KM1」⁠

「plan-KM1」用のSIMカードを手に発表を行うソラコム 代表取締役社長 玉川憲氏

「plan-KM1」用のSIMカードを手に発表を行うソラコム 代表取締役社長 玉川憲氏

LTE-Mは,既存の4G LTEの携帯電話通信網を利用しながら低消費電力を特徴とするLTE標準規格。乾電池でも対応デバイスをある程度の期間,駆動させ続けることができる。これによりより広範囲で安定した通信が期待でき,ゲートウェイを設置せずに広いエリアでのIoTシステム運用が可能となる。

料金体系は,SIMカード1枚あたり初期費用1,500円,月額100円(101回線から月額90円)の基本使用料+データ通信料0.5円/KB(MBではない)⁠また,同社のAir SIMと同様に,在庫期間やデータ通信を行わない間,基本料金が無料となる「利用開始待ち」ステータス(最長1年間)を利用できる。

合わせて「plan-KM1」対応のLTE-M通信リファレンスデバイスも発売となった

合わせて「plan-KM1」対応のLTE-M通信リファレンスデバイスも発売となった

また,7月に発売が予告されていたLTE-M搭載,⁠AWS IoT 1-Click」サポートのプログラム可能なボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」のデモも行われた。年度内発売予定で予価は1台約8,000円。初回キャンペーン価格3.980円(個数,期間限定)⁠事前登録サイトから申し込む。

「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」を手にデモを行うソラコム テクノロジーエバンジェリスト 松下享平氏

「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」を手にデモを行うソラコム  テクノロジーエバンジェリスト 松下享平氏

LTE-M Buttonの拾うアクションはクリック,ダブルクリック,長押しの3種,それぞれをAWS Lambdaを通してLINEのメッセージやデバイスの動きにつなげる

LTE-M Buttonの拾うアクションはクリック,ダブルクリック,長押しの3種,それぞれをAWS Lambdaを通してLINEのメッセージやデバイスの動きにつなげる

クリック,長押しに対応したLINEメッセージが送られた

クリック,長押しに対応したLINEメッセージが送られた

さらに,⁠plan-KM1」のリリースに合わせて,これまでSORACOMのSigfox,LoRaWANで提供していた「バイナリパーサー機能」がplan-KM1,plan-D,グローバルSIM(plan01s)で利用できるようになった。これはデバイスから送信されたバイナリデータにSORACOMプラットフォーム内でパース/デコード等の簡単なデータ処理を行い,カスタムフォーマットを付与して変換したデータを後処理に送信する機能。デバイスからの送信データのサイズを小さくすることができる。セルラーからの利用は年内は無料となっている。

バイナリパーサー機能の概要,1回の送信バイト数に制限のあるLPWAではとくに有効

バイナリパーサー機能の概要,1回の送信バイト数に制限のあるLPWAではとくに有効

発表の場で玉川氏は,同社のサービス開始から3年,その間2週に1回のペースで新たな開発,リリースを行い,リリースされた新機能は100個以上となったことを挙げ,同社の提供するものが「かなり完成形に近づいてきた」と語った。とはいえ,利用ユーザが増え事例の蓄積も増える中,インフラ面でまだまだ取り組みたいテーマは出てくるとも予測している。現時点では想像がつかない展開が,案外近いうちに訪れるかも知れない。

モバイルバッテリーシェアリング「mocha」のデモも行われた。充電ステーションにSORACOMのSIMが入っており,QRコードでスマホアプリと連動,バッテリーのステータスや位置,ユーザ情報を管理できる。ユーザは充電後に別の充電ステーションにバッテリーを返却することもできる。中国,深浅ではほとんどのカフェに,この「mocha」ののような充電ステーションがあるとのこと。

モバイルバッテリーシェアリング「mocha」のデモ

コメント

コメントの記入