ニュースリリース

グレープシティ,コンボやリスト機能を追加した入力支援JavaScriptライブラリ「InputManJS V2J」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は,Webアプリケーションにおけるあらゆる入力シーンを強力に支援する「InputManJS(インプットマンJS)⁠の新バージョン「V2J」を2018年10月31日(水)にリリースした。InputManは,1993年にActiveX版が発売され,Windows Forms,ASP.NET,WPFなどの製品ラインナップがある。本製品は,このInputManの技術を応用し製品化した,日本仕様の入力用JavaScriptライブラリ。

今回リリースの新バージョン「V2J」では,InputManシリーズで人気の高い「コンボコントロール」「リストコントロール」の追加を中心に,多数の機能強化を行われている。

InputManJS V2J

InputManJS V2J

「コンボコントロール」の選択項目を表示するドロップダウン部や「リストコントロール」は,ヘッダーや複数列の表示,テンプレートによる柔軟なレイアウト設定などが可能。これらの機能により,一覧情報をわかりやすく,かつ詳細に表示することができる。また,⁠コンボコントロール」では入力文字から一覧を絞り込める自動フィルタなど,使い勝手を向上させる編集機能も搭載する。

このほか,InputManJSのコントロールに入力された値を検証し,わかりやすいUIでエラーを通知する「検証コントロール」や,入力コントロールにドロップダウン機能を付加できる「ドロップダウンプラグイン」などが追加された。これにより,エンドユーザーに快適で効率のよい入力操作を促し,離脱率を下げる入力フォームの開発を支援できる。

必要システムは以下の通り。

必要システム

ブラウザInternet Explorer 11,Microsoft Edge,Chrome,Safari 5.1以上,Firefox,iOS(Safari,Chrome)

※Android用ブラウザはサポートしていない


JavaScriptフレームワークAngularJS
Angular〇(V2~V7)
React
Vue.js
Knockout

1年定額制のサブスクリプション方式で販売される。価格は以下の通り。

1年定額制のサブスクリプション契約価格

ライセンス種別ライセンス単位価格(税込)
初回費用リニューアル
開発ライセンス1開発162,000円162,000円
配布ライセンス1ドメイン648,000円162,000円

InputManJS V2Jの製品情報
URL:https://www.grapecity.co.jp/developer/inputmanjs
InputManJS V2Jの新機能詳細
URL:https://www.grapecity.co.jp/developer/inputmanjs/release/2

バックナンバー

2018年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入