ニュースリリース

Microsoft AIを活用したデジタル写真活用事例~日本プロ野球機構NPB CICにて,選手名情報自動タグ付けを実現

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

日本マイクロソフト株式会社は2018年11月26日,同社が開発するAI(以降Microsoft AI)の活用事例として,富士フイルムイメージングシステムズ(FFIS)株式会社が開発するクラウドベースのコンテンツ管理システム「IMAGE WORKS」への実装および具体事例として,一般社団法人日本野球機構(NPB)が管理・管理運営する NPB CIC(Contents Images Center)での導入状況について発表した。

今回,紹介されるNPB CICは,NPBが2016年から運用を開始している公式写真サービス。これまで,基盤部分はIMAGE WORKSを利用し,写真に関するデータについては,人的作業により,1つ1つの写真に対してタグを付与していた。

今回,写真解析の部分にMicrosoft AIの中からMicrosoft Cognitive ServicesおよびディープラーニングフレームワークであるMicrosoft Cognitive Toolkitを採用し、写真に写った選手ほかの情報を自動認識するサービスが追加された。

自動認識にあたっては,Microsoft,FFISそれぞれが用意した次の4つの学習モデルが採用されている。

  • 顔認識(選手のもの:Microsoft)
  • 選手の判定(選手かマスコットか:Microsoft)
  • シーンの判定(攻撃,守備など:FFIS)
  • 利き手の情報(左右打ち,左右投げ)

さらに,NPBの公式記録による時間を追加することで,撮影時間と比較し,より高い精度での認識が行えるようになっている。

新しいNPB CICでの,Microsoft AIでの写真自動認識のイメージ

新しいNPB CICでの,Microsoft AIでの写真自動認識のイメージ

新しいNPB CICの管理画面

新しいNPB CICの管理画面

今回の自動認識機能の追加により,これまで1試合約4時間かかっていたタグ付け作業が30分まで削減できたとのこと。

Microsoft AIの展望について話す,日本マイクロソフト株式会社業務執行役員クラウド&エンタープライズ本部本部長 浅野智氏

Microsoft AIの展望について話す,日本マイクロソフト株式会社業務執行役員クラウド&エンタープライズ本部本部長 浅野智氏

IMAGE WORKSでのAI実装の狙いについて説明した富士フイルムイメージングシステム株式会社イメージテック事業部クラウドメディア営業部課長松下太輔氏

IMAGE WORKSでのAI実装の狙いについて説明した富士フイルムイメージングシステム株式会社イメージテック事業部クラウドメディア営業部課長松下太輔氏

NPB担当者によれば,NPB CICは,現在,メディアやゲーム会社など対法人向けサービスとして展開されているが,将来的には,個人向け・ファン向けの展開も想定し,拡充していきたいとのこと。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入