ニュースリリース

Linux Foundation Japan,日本語でのトレーニングプログラムおよび認定試験の提供を開始,第一弾はHyperledgerとKubernetes

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linux Foundation Japanは2020年2月25日,Linux Foundationが世界的に行っている各種トレーニングおよび認定試験の日本語での提供を開始した。

第一弾として,ブロックチェーンと分散台帳技術の基本概念からHyperledger Fabricのコアアーキテクチャ/コンポーネントまで学習できるオンラインコースHyperledger Fabric Fundamentalsと,コンテナ管理プラットフォームを使用したアプリケーション インフラストラクチャの管理方法について学習するKubernetes Fundamentalsの日本語版を開設,提供する。受講料はいずれも299USドル。

また,日本語に対応した以下の認定試験も提供開始される。すべて実技試験で多言語対応となっており,言語は随時切り替え表示できる。受験料は各300USドル。

  • Linux Foundation認定エンジニアLFCE-JP
  • Linux Foundation認定システム管理者LFCS-JP
  • 認定Kubernetes管理者CKA-JP
  • 認定Kubernetesアプリケーション開発者CKAD-JP

LFCE-JP,LFCS-JP,CKA-JP,CKAD-JPでは日本語を理解できる試験官が対応する。試験官がWebカメラとチャットで受験者のIDと環境を確認してから試験を開始し,試験を終始監督する。試験問題は専用コンソールに表示され,受験者はコンソール内のターミナルで解答する形式。