blockchain conference b.tokyo 2019レポート

後編:ブロックチェーンが浸透した,その後は? 開発と運用,エンジニア育成,その先にある未来とは

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

多くの注目ニュースを発表したblockchain conference b.tokyo 2019。イベントの最後に開かれたセッション「CTOスペシャルトークセッション ブロックチェーン技術の課題」の模様をお伝えする後編です。

  • ブロックチェーンシステムのアップデート対応の難しさ
  • ブロックチェーンエンジニアに求められること
  • 今後ブロックチェーンの発展のために期待すること

と,技術面に関してより深掘りする議論もされつつ,今後の展望に関する話題が多く上がりました。

ブロックチェーンシステムのアップデート対応の難しさ

3者それぞれの現状のブロックチェーンに対する考察が述べられた後,進行役のJapan Digital Design CTO 楠正憲氏から,自身がブロックチェーンで事業化を行おうと考えたとき,かねてより感じていたという疑問を各者へ投げかけました。

「サービスを安定的に提供するには,CI/CDがきちんとできていて,オープンソースのライブラリなどにバージョンアップがあれば,次の日にでもデプロイしてテストする,という柔軟な対応が前提。しかし,たとえば3年前にパブリックチェーンで動かしていた古いバージョンのシステムを今でも塩漬け運用しているユーザに対して,どうやってシステムのアップデートを促していけばよいのか?」と対処を考え出すと途方もない気持ちになったそう。

セッションのモデレータを務めたJapan Digital Design CTO 楠正憲氏。ブロックチェーンには,ISO/TC307(ブロックチェーンと分散台帳技術に係る専門委員会)国内委員会 委員長を務めてから取り組み始める

セッションのモデレータを務めたJapan Digital Design CTO 楠正憲氏。ブロックチェーンには,ISO/TC307(ブロックチェーンと分散台帳技術に係る専門委員会)国内委員会 委員長を務めてから取り組み始める

この問いかけに対しては,CTOたちの回答はおおむね「古いバージョンのシステムを運用しているユーザは珍しくないので,現実として確立した対処方法はほぼなく,厳しいだろう」といった論調でした。

LayerX CTO榎本悠介氏もその論調であり,⁠Ethereumのエンタープライズ系プロダクトは何か変更があったときには,ハードフォークは避けられ,なるべくソフトフォークで対応しようとすることで後方互換性を保とうとはしている」としつつも,⁠ただ,もう基盤自体のアップデートをスムーズに行おうとなると,クラウドサービス事業者のコンソーシアム機能に期待するしかないかな,と考える」と,それぞれが個別に取り組むだけではなく,ブロックチェーンに関わる企業や団体,全体での取り組みが必要だと語りました。

ブロックチェーンのテクノロジーカンパニーであるLayerX CTO 榎本悠介氏。最近は主に,金融分野を中心としたブロックチェーンを使ったビジネス開発と,数年後を見据えたコンセンサスアルゴリズムや秘匿化技術の研究を進める

ブロックチェーンのテクノロジーカンパニーであるLayerX CTO 榎本悠介氏。最近は主に,金融分野を中心としたブロックチェーンを使ったビジネス開発と,数年後を見据えたコンセンサスアルゴリズムや秘匿化技術の研究を進める

加えて,⁠Ethereumなどのスマートコントラクトで構築したシステムのアップデートは,本当にしんどい作業になるだろう」と言います。

スマートコントラクトは「改ざんが難しい」という特徴の裏返しで,アップデートが非常に難しくなる特徴もあります。⁠仮にアップデートが必要となった状況の場合には,⁠アップデートするのではなく)まったく新しいスマートコントラクトシステムに移行してデプロイする,という思い切った対応が求められる」と榎本氏は自身の見解を述べました。

そして対処方法としてもう1つ上げたのは,⁠初期の設計段階からアップグレーダブルなスマートコントラクトシステムの構築を意識する」こと。

たとえば「Proxy Contractによるロジックとデータの分離」など,細かで複雑な事前設計を施しておく方法を例に上げました。

メルペイ 取締役CTO 曾川景介氏も,榎本氏の指摘に同調しながら,システムのアップデート対応は「かなり大変な作業になるだろう」と語ります。

メルペイ 取締役CTO 曾川景介氏。昨年「Mercari X」という,メルカリのシステムをブロックチェーンで作り直してみるという実験的なプロダクトを開発。メルペイのミッションである「信用を創造して滑らかな社会を作る」を達成するため,後払いのシステムなど,信用創造に関するシステム開発を目指している

メルペイ 取締役CTO 曾川景介氏。昨年「Mercari X」という,メルカリのシステムをブロックチェーンで作り直してみるという実験的なプロダクトを開発。メルペイのミッションである「信用を創造して滑らかな社会を作る」を達成するため,後払いのシステムなど,信用創造に関するシステム開発を目指している

曾川氏は,⁠複数のバージョンのスマートコントラクトがデプロイされている状況だと論理的な破綻は避けられず,同じスマートコントラクトであっても,どのノードでバリデートしたかによって結果は変わってきてしまう」と語り,榎本氏が上げたProxy Contractによる事前設計方法に関して,より技術的に深掘りした議論を始めました。

著者プロフィール

酒井啓悟(さかいけいご)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室所属。

1986年生まれ。富山県富山市出身。2011年4月株式会社技術評論社に入社。書籍編集部を経て,現職。電子書籍,オーディオブックなど,出版業界に訪れる新しいジャンルの市場の成長に関わっていくことが当面の目標。

サッカーとねこが好き。

バックナンバー

blockchain conference b.tokyo 2019レポート