PHPカンファレンス2018 レポート

「VOYAGEのエンジニア評価制度」「SCOUTERがPHPを使う理由」「弁護士ドットコムのUXデザインの話」「アイスタイルの@cosmeの速度改善」 〜PHPカンファレンス2018

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

12月15日,東京都大田区産業プラザPiOにて「PHPカンファレンス2018」が開催されました。本稿ではその模様をお届けしています。レポート最後となる今回は,⁠VOYAGEのエンジニア評価制度」⁠SCOUTERがPHPを使う理由」⁠弁護士ドットコムのUXデザインの話」⁠アイスタイルの@cosmeの速度改善」のセッションと,ライトニングトークをレポートします。

林志嶺さん「VOYAGEのエンジニア評価制度ってどんな感じなのか25分でミニ再演」

株式会社VOYAGE GROUP エンジニアの林志嶺さんは,社内のエンジニア評価制度について話しました。

画像

VOYAGE GROUPでは「技術力評価会」というエンジニア評価制度があります。エンジニアが評価者にプレゼンテーションを行い,対話式のやりとりを通して評価を行う,というものです。今回,このやりとりを短縮して再演しました。

画像

再演時のプレゼンテーションのテーマは,定期的に手作業で確認しながら行っている作業を,ソフトウェアによって自動化したことを評価者にアピールすることです。プレゼンテーションを行うエンジニアは,課題に対して何を解決したか,何を解決しなかったかを説明し,その成果をアピールします。評価者は「何をしたのか」だけでなく,⁠何をしなかったのか」⁠それをしないと判断をした理由」などを尋ねます。やったことは評価しやすくても,切り捨てたことは見えにくいからです。そういった見えない部分の思考にも注意を払って対話を深め,評価すべき点を探します。⁠あらさがしをするのではなく,褒めたい」というのが基本的な目線です。コードもしっかりと見ます。

評価者は後日,発表したエンジニアにフィードバックを行います。このフィードバックを書く作業に一日費やしたりするそうです。フィードバックにおいてもダメ出しではなく,良いところを伝えていると言及していました。

画像

一例として挙げていたのは「地味な仕事の評価」という話題です。ソフトウェアやプラットフォームのアップデート,監視システムやドキュメント類の整備など,ITの世界にはそれ自体が直接的には利益を生み出さないように見える,⁠地味な⁠作業がたくさんあります。そういったものを含む,様々な業務に携わるエンジニアそれぞれに対して,しっかりと対話を行っていると紹介しました。

最後に,林さんは「評価を恐れずに本質的な仕事に取り組んでいくことが大事」であると語っていました。

今回紹介された評価制度は,エンジニアの能力や自信を引き出す,といった制度のように感じました。また,こうした密度の濃いやりとりは,より納得感のある評価にも繋がるのではないかと思います。

「SCOUTER社がPHPを使う理由」

株式会社SCOUTER CTOの松本宏太さんは,採用戦略まで含めたPHPを使う理由について話しました。

画像

Rubyか,Golangか,それでもPHPを選んだ理由

SCOUTERでは既存資産はPHPで書かれたAPIにフロントはSPAという構成でした。今後も含めて技術選定を考えた時に,Ruby on RailsやGolangという選択も考えました。静的型付けやgRPCなどPHPが苦手な分野に強かったり,採用競合に強力な企業があったり,魅力的なコミュニティがあったりというなかで,それでもPHPを選んだのは,5.6から7.0でのパフォーマンス向上やLaravelの検索数がRailsに近づくなどPHPに人が集まる流れを感じたからです。

また,当時は技術組織としての認知があまりされていませんでした。⁠LaravelとVue.jsといえばこの企業」という企業はまだないと思っているとし,LaraVue,NuxtMeetupなどのコミュニティ活動をはじめ,技術ブログでの積極的な情報発信に力を入れてきたと言います。BToBのサービスということもありエンジニアに認知されづらいなかで,こうした活動をきっかけに面談に来る人も増えてきて,一定の効果を感じていると述べていました。さらに,技術に詳しいエンジニアとも交流でき,自分の知識の棚卸にもなったそうです。

PHPが苦手な分野はどうしていくか

PHPが苦手な領域として,たとえば,バッチ処理やマルチスレッド,機械学習といった分野があります。こうした領域はマイクロサービスとして切り出し,得意な言語,得意な技術に任せ,APIはあくまでもLaravelにする方針をとっていると説明しました。

松本さんは「あらかじめ多言語で実装される前提でシステムを構築して,課題に対してPHPで解決できないのであれば,得意な解法を持っている技術を選択するのがいい」と結びました。

著者プロフィール

入澤賢(いりさわまさる)

音楽と純米生原酒の人。SVEA 123をお供に,ときどき奥高尾を徘徊。最近はJavaScriptやScalaなどで遊んでいる。

Facebook:irisawa.masaru


花井宏行(はないひろゆき)

スタディプラス株式会社所属。日本Symfonyユーザー会メンバー。PHPカンファレンスには2015年から参加。

Twitter:hanahiro_aze


山崎一理(やまさきたかのり)

株式会社コーボー所属。2017年岡山から上京。主にPHP(Laravel、Cakephp)での開発を行っている。PHPカンファレンスには2018年からスタッフ参加。

Twitter:@happylifetaka


鈴木孝伸(すずきたかのぶ)

PHPカンファレンス2018 レポート担当。Laravelが好きなWebエンジニア。

3年半,バックオフィス業務全般(経理・総務・労務)を経験後に二度のフィリピン留学で英語を学ぶ。現在は企業でWebエンジニアとしてフロントエンドを担当。

Twitter:@nobubump0
GitHub:nobu0605

コメント

コメントの記入