PyCon JP 2018カンファレンスレポート

[2日目]プログラミングの愉しみ,“トイル”との戦い~Python 2→3移行の実際,先端事例紹介のLTからクロージングへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

先日公開したPyCon JP 2018 1日目のカンファレンスレポートはいかがでしたでしょうか? 本レポートでは引き続き,2日目の基調講演やカンファレンスなどの様子をご紹介します。

前回の繰り返しになりますが,PyCon JPは,Pythonユーザが集まり,PythonやPythonを使ったソフトウェアについての情報を交換し,Pythonユーザが交流をするためのカンファレンスです。PyCon JP 2018は2018年9月15日に株式会社HDEで行われたスプリントを皮切りに,9月16日のチュートリアルと9月17日~18日のカンファレンスを大田区産業プラザPiOで行いました。

2日目も磯蘭水氏の基調講演を皮切りに,素晴らしいセッションが多数発表されていました。その中からいくつかをピックアップして紹介します。各講演・セッションの紹介の最後に,動画やスライドのリンクも紹介してあるので,当日参加した方もできなかった方も,気になったものをさらにチェックしてみてください。

2日目基調講演「Pythonでやってみた〜広がるプログラミングの愉しみ〜」 ― 磯 蘭水

(二宮健)

2日目の基調講演はAWS Enterprise Support Senior Technical Account Managerの磯蘭水氏による講演でした。

最初に「Pythonを使い始めて今年で20年になる」という,磯氏が実際に送ってきたこれまでの開発人生を振り返り,後半では趣味の開発を例に「技術ドリブンではなく,⁠何かをやりたい』と思って始めたらこれらの技術を手に入れた」⁠実際にやってみることで『何がコアな技術なのか』⁠どこが難しくてどこが簡単なのか』目利きができるようになる」という会場を勇気づける講演をされてい ました。

磯蘭水氏

磯蘭水氏

それでは,講演の内容をもう少し詳しく紹介していきます。

磯氏は学生時代,分散AIの研究をされており,当初はCommon LispとCで開発していたそうです。そんな中で研究室のメンバーにソースコードを共有するため,⁠Lispっぽいパワーを持ちつつも,トラディショナルな文法を持つ言語」を探していたところPythonに出会ったといいます。社会人になってからは検索エンジンや,ECサイトの開発,アドテクノロジーの開発などに携わっていたそうです。

次に,ご自身の経験から「プログラミングには2つの主要な動機がある」という話をされていました。1つは目的を達成する手段として「面倒くさいことを簡単にする」という動機を挙げていました。これは,仕事の開発のような場で,手間をかけずに最大の成果を得るため,既存のライブラリも最大限利用して開発するものだそうです。もう1つは「いったいどうなってるんだ?面白そう」という好奇心がベースのもので,ホビーの世界で,自ら体験することが目的にコードを書くものだそうです。

後者の例として,自作のシンセサイザー開発の実装や,そこから学んだ教訓を共有されていました。まずは,PSG音源の仕組みを真似して和音の合成やエンベロープの設定が可能なプログラムを用意し,次に人が読みやすい「楽譜」をプログラムに渡すためMML(Music Macro Language)からMIDIに変換するコンパイラを実装したそうです。そこから学んだ要素として,⁠まずは単純な構成から始めて複雑にするとよい」⁠アイディアそのものを再発明するのではなく,モデルを真似して再実装する(磯氏自身は「車輪の再発明」ならぬ「車輪の再実装」とも表現されていました)⁠などを紹介されていました。

最後に,⁠プログラミングは工業としての側面とアートとしての側面の両方があり,どちらの動機も大事だが,工業の視点だけが強い人が多い。既にあることを知りつつ『車輪の再実装』をすることでエンジニアとしてのベースの部分を厚くしてくれるのではないか」と締めくくっていました。

著者プロフィール

陶山嶺(すやまれい)

事務局チームで主にメディアスポンサーを担当。PyCon JPにはPyCon JP 2015で初めて一般参加。Python自体に貢献しようとPyCon JP 2016からはスタッフとして参加している。

渋谷のSENSY株式会社に勤務し,広島の尾道でリモートワークを実践中。前職ではiOS/Androidアプリ開発,現職ではPythonとGCPでのサーバーサイド開発をメインとしている。

学生時代から一番好きな言語はずっとPythonで,GCPUG岡山の運営にも携わっている。

『WEB+DB PRESS Vol.104』で特集「イマドキPython入門」を執筆(共著)。

Twitter: @rhoboro


大堀優(おおほりゆう)

事務局チームでメディアスポンサーを担当。

現在は,新日鉄住金ソリューションズ株式会社で異常検知をはじめとした機械学習及びデータマイニングの研究開発に従事している。

Twitter: @Y_oHr_N


二宮健(にのみやたけし)

PyCon JP 2018で,メディアスポンサーやジョブフェアを担当。

株式会社LIFULLのAI・データ分析チームで,PythonやRubyを使って開発しているソフトウェアエンジニア。最近読んで面白かった本は『エンジニアの知的生産術 ──効率的に学び,整理し,アウトプットする』


花井宏行(はないひろゆき)

事務局チームで主にメディアスポンサーを担当。スタディプラス株式会社所属。PyCon JPにはPython未経験のままスタッフに参加。スタッフ参加がきっかけでPythonに興味を持ち,日々勉強中。

現職ではRuby on Railsでサーバーサイド開発をメインとしている。学生時代の縁で舞台監督や舞台運営のスタッフとしても活動している。

Twitter: @hanahiro_aze

バックナンバー

PyCon JP 2018カンファレンスレポート