世界最大のPythonカンファレンス「US PyCon 2019」レポート

第4回 思わぬ出会いのあった3日目ポスターセッション ―Pythonコミュニティのこれから

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

レポートの最終回は,カンファレンス3日目で私が発表したポスターセッションやPSFによるコミュニティのレポート,開発スプリントなどの様子をお伝えします。

ポスターセッション

カンファレンス3日目の午後(10:00~13:00)はポスターセッションとJob Fairのみが開催され,Talkなどはありません。今回私がPyCon 2019に参加した理由は,このポスターセッションに採択されたためです。ワンチャンスあるかなとは思っていましたが,まさか本当に採択されるとは思っていなかったので,連絡が来たときには非常に驚きました(Talkも出していましたが,こちらは不採用でした)⁠

ポスターセッションになじみのない方もいると思うので簡単に説明すると,広い会場にボードが用意してあり,発表者はそこにポスターを掲示します。参加者は複数あるポスターを練り歩いて掲示されている内容を見たり,ディスカッションをします。通常のTalk発表と異なり,ディスカッションが中心となることが特徴だと思います。

朝一でポスター掲示をしたところ

朝一でポスター掲示をしたところ

PyCon 2019のポスターセッションでは全部で30の発表がありました。私は23番ブースで「Python Boot Camp: Introduction of efforts to spread Python all over Japan」というタイトルで,一般社団法人PyCon JPの活動であるPython Boot Campについての成果や工夫などについて発表しました。

ポスターセッションのリスト

ポスターセッションのリスト

ポスターの準備

実際の発表の前に,ポスターの準備について説明します。ポスターのサイズは横4フィート(約1.2メートル)x縦3フィート(約0.9メートル)との連絡がありました。これは日本でポスターを作る場合にはA0くらいで大丈夫そうです。

私はポスター発表などしたことがないし,まずはどんな内容のポスターにするかのアイデア出しをしないといけません。Google Docsに「こういうネタがよさそうかな」と私がざっと書いたものをベースに,以下のメンバーとオンラインでディスカッションしてアイデア出しをしました。

  • 寺田 学@terapyon)⁠Python Boot Camp講師,US現地での発表も手伝ってもらった
  • 片寄 里菜@selina787b)⁠Python Boot Camp現地スタッフ,US現地での発表も手伝ってもらった
  • 筒井 隆次@ryu22e)⁠Python Boot Campコアスタッフ
  • 小林 智博@kobatomo3H)⁠Python Boot Campコアスタッフ
  • 清水川 貴之@shimizukawa)⁠Python Boot Camp講師

ポスターのアイデア出し議事録

ポスターのアイデア出し議事録

次にポスターをまずは日本語でざっくり作ります。ポスターの原稿作成にはMacのKeynoteを使用しました。ネットで調べた情報ですが,スライドのサイズを3370pts×2383ptsという巨大なものにします。そしてフォントサイズはタイトルが80pt,セクションタイトルが44pt,通常のテキストは26ptなどとしました。そしてざっくり作成したKeynoteからPDFを生成し,Dropboxで共有して関係者にレビューしてもらいました。

参考:
A0ポスター用のKeynoteの設定

Dropboxでのレビュー

Dropboxでのレビュー

ひととおりネタがまとまったら次は英文の作成です。これは日本語と英語を書いたGoogle Docsを作成し,ドキュメントにコメントをもらう形で英文を修正していきました。この段階ですでにポスター作成のスケジュールがギリギリになってきており,社内の英語ができるメンバーに協力を仰いだところ,Jamesがたくさん添削やよりよい英文の提案をしてくれました。本当に助かりました。

ポスターのテキストの添削

ポスターのテキストの添削

英文ができあがったところで,英語バージョンのポスターを作成します。これはKeynoteでもう1スライド作って埋めていくだけなので,ある意味単純作業です。英語バージョンのポスターができたらいよいよ印刷です。

ポスターの印刷は筒井さんに教えてもらったグラフィックを使用しました。こちらの業者は,ポスター印刷時にInDesign上でデータが問題ないかのチェックができるツールを提供しており,印刷イメージが確認できてとても便利でした。Adobe CCに登録して初めてInDesignをインストールし,Keynoteファイルを取り込んで見よう見まねでなんとか入稿用のデータを作成しました。PyCon出発時に手元にポスターがないとだめなので,かなりの個人炎上案件でした。

ポスターが間に合った!

ポスターが間に合った!

最終的に,4月23日(火)の夜中1時に無事入稿し,ゴールデンウィーク初日の4月27日(土)に無事ポスターが届きました(出発は5月1日)⁠

この3角形のパッケージは潰れにくそうなので,そのままこの段ボールで飛行機の手荷物であずけました。クリーブランドの空港で,バッキバキになったポスターが出てくるんじゃないかとドキドキしていましたが,荷物のレーン上に無事なポスターを見つけて非常にホッとしました。

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP,副代表理事,株式会社ビープラウド所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書に『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版(2018 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』などがある。

最近の楽しみはPython Boot Campの講師で訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むこと。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦している。趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory