レポート

2日間のワークショップ!!熱いエンジニアが集う「WACATE2014夏」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

みなさん,はじめまして。タカハシカズナリと申します。今回WACATE2014夏BPP(Best Position Paper)賞をいただき,その副賞として寄稿の機会をいただきました。皆様にWACATEの模様を少しでもお伝えできればと思います。よろしくお付き合いください。

BPP(Best Position Paper)賞を手にする筆者

BPP(Best Position Paper)賞を手にする筆者

まず「WACATE」とは「Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers」の略で,⁠内に秘めた可能性を持つテストエンジニアたちを加速させるためのワークショップ」という意味だそうです。夏と冬の年2回,神奈川県の三浦半島で開催しており1泊2日の二日間ソフトウェアテストに没頭します。今回WACATE2014夏のテーマは「テストの再利用」⁠熱い2日間のワークショップがいよいよ始まります。

WACATE始まる!~オープニングセッション~

WACATE実行委員小池香織さんよりWACATEの成り立ち,歴史について話をしていただきました。キーワードは「加速」⁠自分が加速することで「自分」が変わり,さらに「職場」を変え,ゆくゆくは「会社全体」を変えていこう!!というWACATEの強い思いが伝わり,オープニングから刺激を受けました。

みんなの思いが詰まっている!~ポジションペーパーセッション~

WACATEでは,参加登録の時にポジションペーパー(参加表明書)を提出します。これは自分のことや職場で悩んでいること,ワークショップに期待することを書きます。本セッションでは,ポジションペーパーを使ってグループ内で自己紹介をします。参加者全員に共通していたのは,必ず何かを得ようとしているのがひしひしと伝わってきたところでした。こんな熱い人たちと過ごせる2日間が楽しみです。

画像

自分にできることを率先してやろう!~ BPPセッション~

WACATE2013冬でBPP賞を受賞されたフクダリナさんによるBPPセッションです。ポイントは「刺激」を受けたら「熱いうちに」⁠⁠率先してやる」でした。その結果,フクダリナさんはソフトウェアテストシンポジウムであるJaSST Kyushuにて参加者119人を集めたという輝かしい結果を残したそうです。まさにWACATEのいう「加速」を常に実践しており,WACATE参加者の手本となる存在であると感じました。

画像

まずは勉強!!~テスト分析入門~「ゆもつよメソッド」を例に~

テストの再利用にあたって,まずは既存のテスト対象のソフトウェアに対して「何に対して」⁠どこに着眼する」べきだったのかを分析するために「ゆもつよメソッド」というテスト分析・方法論を学びました。ゆもつよメソッドの完成図は下に示したとおりで縦軸に「何に対して」を示す機能一覧,横軸に「どこに着眼する」といった観点(ここではテストカテゴリと呼んでいました)を羅列したマトリクスを作成して,マトリクス内に「テストをする」または「テストをしない」を見えるようにする方法です。

ゆもつよメソッドの完成図イメージ

ゆもつよメソッドの完成図イメージ

機能一覧は仕様書から抽出して,テストカテゴリは「機能モデル」⁠品質モデル」を手がかりに,何に着目していくのかを抽出していきマトリクスを完成させます。マトリクス完成イメージを見ると,この「ゆもつよメソッド」の良さは,全部で何をテストしないといけないのかが直感的にわかりやすくなることであると感じました。ここで講義をした朱峰錦司さんから「マトリクス作成の際,機能一覧の作成はさほど難しいことではないが,テストカテゴリを作成することは難しい」と聞きました。

この「難しさ」について私なりに考えてみました。機能軸は分割の粒度について考え方の差はあるものの,製品の振る舞いや開発するソフトの機能単位など比較的イメージしやすいと考えました。しかし,テストカテゴリは「機能モデル」⁠品質モデル」といった「手がかりとなるもの」からテスト目的にあわせて具体化していく過程で,担当した人により,テスト目的の置き方の判断要素が異なることが「難しさ」だと考えました。ゆもつよメソッドでマトリクスを作成する際は,テストカテゴリ作成のプロセスを筋道をたてて説明できるかがポイントだと思いました。

画像

いよいよ突入!!テストの再利用実践!!まずは分析!!

いよいよワークショップが始まります。今回は音楽再生プレーヤーの試作版のテストを経て,市場出荷版を開発するにあたり,改善機能を織り込む際のテストの再利用シーンを想定したワークショップになります。1日目は試作版のテストを分析するフェーズとなります。講演で習ったとおり,まずはゆもつよメソッドによる機能一覧を作成,テストカテゴリを作成していきマトリクスを完成させます。そして,次のステップに「既存のテスト項目をマトリクスにマッピングしていく」という作業があります。

既存のテスト項目がマトリクス内のどこに該当するテストなのかを検討していき,どこまでテストできていてどこがテストできていないのかを「見える化」します。既存のテスト項目は「期待結果に複数の確認がある」⁠設定・手順・期待結果のみ記載されたテスト項目の羅列だけ」「何を確認したいのか理解が困難」といった問題点を抱えていましたがマトリクスにマッピングすることにより全体像を捉えることができ,⁠どこまでテストができているか」が直感的に捉えることができました。

画像

著者プロフィール

タカハシカズナリ

独立系SIの第三者検証事業に所属。ソフトウェアテストを担当。

携帯電話,スマホ,カーナビ,計測機器といった製品のテストを経験して,自分がこの製品のテストをどうやりたいのかに「思い」を示せず数々の失敗も経験。どうやりたいのか「思い」をもつことが少しずつできるようになってきたが,「思い」をもつには知識が必要であると感じテスト勉強会に積極的に参加,現在も日々勉強中である。

コメント

コメントの記入