レポート

「AWS is Everywhere―エンタープライズからスタートアップまで」~AWS Summit Tokyo 2014開幕

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

日本最大級のAWSカンファレンス「AWS Summit Tokyo 2014」が開幕しました。ここでは,初日キーノートの様子をお届けします。

AWSの最新動向がわかる2日間

2014年7月17,グランドプリンスホテル新高輪(東京・品川)にて,日本最大級のAWSカンファレンス「AWS Summit Tokyo 2014」が開幕した。同カンファレンスは,この2日間で,60を超えるセッション,各種展示が用意され,まさにAWS一色となるイベントだ。

ここでは,初日のキーノートの模様についてお届けする。

「AWSに関するエンタープライズユーザが気になっていること」について話す

初日キーノートのスピーカー,そしてMCを務めたのは,おなじみのAmazon.com CTO,Werner Vogels氏。ここ東京での開催にあたって多数の事前申し込みがあり,多くの来場者が集まってくれたことに対する感謝の意を述べ,キーノートがスタートした。

Werner Vogels氏

Werner Vogels氏

Vogels氏はまず「今日はエンタープライズのユーザが気になっていることについて話そうと思います」と切り出し,これまで多数のスタートアップ企業がAWSを使い成長してきている中,エンタープライズ企業がこれからどう接していくべきか,また,エンタープライズ企業が抱える懸念点についてAmazon/AWSがどう考えているのかを同社自身のメッセージに,パートナー企業の事例を織り交ぜた形でキーノートを進めた。

スタートアップ企業の成功しているポイント

エンタープライズの観点での話に先駆けて,まず,すでにAWSを採用し,急激に成長したスタートアップ企業の紹介が行われた。その中でもとくに印象的だったのが,Airbnb

Airbnbは,世界最大規模の空き部屋シェアサイト。とくに旅行者に向けて短期滞在における宿泊宿のマッチングが行えるのが特徴である。同サービスでは,現在1日あたり150,000人のユーザがいるという。⁠旅行関係者にとっては信じられないうらやましい数字」とデータを紹介した上で,裏側に関してさらに細かく説明した。

Airbnbでは,2010年時点でのEC2インスタンスは24だったのが,2014年現在1,300にまで増加したとのこと。しかし,その運用スタッフは5名という状況である。これは,⁠AWSの可用性・保守性の高さの裏返しであると同時に,ホスピタリティ(サービス)業界において,ITは特別なものではなくなったことを示す数字だ」とVogelsは説明した。これまで,ホスピタリティ業界というのはITから最も離れている業界の1つだったが,IT・クラウドを一般的に利用する土壌が整ったことで,業界内における成長が見込まれるようになったということだ。

Airbnbにおける2010~2014のAWSインスタンスの変化を紹介するVogels氏

Airbnbにおける2010~2014のAWSインスタンスの変化を紹介するVogels氏

「他の業界に関してもそれは当てはまる」⁠同氏)として,新しいリソースモデルの原動力としてのクラウドの優勢について力強く述べた。

Amazonは長期のリーダーシップを取っていく企業

さらにVogels氏は,同社CEOのJeff Bezos氏のメッセージを引用して,⁠Amazonは(短期的な利益や目的ではなく)長期のリーダーシップを取っていく企業である」ことを改めて強調。⁠地球上で最もお客様を大事にする企業」になるために,次の3点を意識していると述べた。

  • Listen(耳を傾ける)
  • Invent(発明する)
  • Personalize(パーソナライズ)

そして,顧客を起点としたサービス展開を行い,これからも「Build Fly-wheels」⁠フライホイール=はずみ車のようなサイクルを構築する)とコメントした。

さまざまな分野におけるエンタープライズ企業のAWS活用事例

続いて,これから紹介する4つの企業・組織におけるAWS活用事例が紹介された。冒頭でも紹介したように,エンタープライズ企業が抱えるAWSへの懸念点について,実例で答える内容となった。

Cloud 2.0な設計で変革したNTTドコモ

まず最初に登場したのは,携帯電話キャリアの株式会社NTTドコモ執行役員 栄藤稔氏。同社はすでに数千単位のEC2インスタンスを活用しているが,そこに至る経緯について説明された。

NTTドコモ 栄藤稔氏

NTTドコモ 栄藤稔氏

2010年当時はウォーターフォール開発が主流だった中,⁠今でも大規模データシステムを開発する際のウォーターフォール開発のメリットは非常に大きいと考えている。しかし,クラウドが浸透し,Cloud 2.0な設計を行うことで,大規模データを扱うビジネス開発の中で,技術やコストなどを含めたエコシステムが生まれるようになった。その結果,私たちの規模間でもアジャイル開発がやりやすくなり,現在のNTTドコモでは,旧来型のスタイル以外での開発,チャレンジが行えるようになった」と栄藤氏は述べた。とくに,AWSの採用により「新しいカルチャー,新しい開発手法をもたらしてくれたことが大きい」と,エンタープライズ企業がクラウドを取り入れた成果について,実体験・成果とともに紹介した。

「従来型開発からAWSに思い切って『ダイブ』したことで新たなサイクルが生まれた」と話す栄藤氏

「従来型開発からAWSに思い切って『ダイブ』したことで新たなサイクルが生まれた」と話す栄藤氏

その後の補足として,Vogels氏は「本日からAmazon Kinesis(大規模ストリーミングデータのリアルタイム処理技術)の東京リージョンでの提供を開始した」と補足し,この分野でのAWSがますます利用しやすくなったことをアピールした。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入