レポート

メンテナーが語るQtのこれから―「Qt Contributors' Summit 2017」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

2017年10月9日,10日にドイツのベルリンで開催された「Qt Contributors' Summit 2017」に参加してきました。⁠Qt Contributors' Summit」とは,Qtに貢献している人たちが,Qtをより良くするための議論をするためのイベントです。セッション方式で発表する形ではなく,Unconference形式で議論を進めていく形となっており,当日になって議題が決まることもあります。

今年はQtユーザ向けのイベントである「Qt World Summit」と同時開催となりました。イベントの詳細については公式ページを参照してください。

Contributors' Summit初日は「Qt World Summit」の準備を行っている最中のbcc Berlinにて,2日目は「Qt World Summit」の初日と重なりbcc Berlinでトレーニングを行っている関係で,近くにあるPark Innホテルで開催されました。⁠Qt World Summit」については後日,別記事で報告させていただこうと考えています。

会場となったPark Innホテル

会場となったPark Innホテル

Welcome Session

まずはWelcome Sessionとして,Qt Community ManagerであるTero Kojoからイベントの諸注意が行われました。その後,Qt ProjectのChief MaintainerであるLars KnollからQtの方向性についての説明がありました。

Lars Knoll氏によるWelcome Sessionの模様

Lars Knoll氏によるWelcome Sessionの模様

Qtはアプケーションではなくフレームワーク(C++のライブラリ)であるため,利用者にとってはそのAPIが非常に重要になります。そのため,一度書かれたコードは予想以上に利用され続けることがあること,コメントで説明を書いてくれる人は少ないことなどから,QtのコードをわかりやすくするためにもAPIに理解しやすい名前を付けようという話から始まりました。

パフォーマンスに関しても,全体的にパフォーマンスを確保できるように設計しつつも,そのためにわかりやすさを犠牲にしないこと。その他,基本的な利用法はできるだけシンプルになるように留意しつつも,特別なユースケースにも対応できるような設計にすること,などの方向性が示されました。これらの方向性は,Qtを使用していれば暗黙の了解として共有できるものだと思いますが,明示して説明することで,それぞれがより強く意識したのではないかと思います。

今後のリリースプランとしては,Qt 5の半年ごとのマイナーバージョンアップを継続して5.12まで続ける予定が示されました。ちょうどイベントに合わせて 5.9.2 がリリースされたばかりですが,11月に5.10をリリースし,2018年に5.11,5.12とリリースを行います。現時点では5.12がQt 5系の最終バージョンとなり,5.6,5.9に続くQt 5系最後のLTSバージョンとなることが予定されています。

昨年9月のQtConでは未定と言いつつ時期への言及もあったQt 6ですが,現時点ではリリース時期はとくに定めない形で行くそうです。これは現時点でQt 6の概要も決まっていないこと,ソース・バイナリコンパチビリティとメジャーバージョンアップによる刷新の兼ね合いや新しいAPIに関する調査など,時期を明確化する前に議論すべきことがあるためです。

Qt 6開発の現状

Qt 6開発の現状

今後のQtの焦点領域として,以下の項目が挙げられました。

  • C++11,14,17,20といったモダンC++ APIとの関係性
  • Qt Core
  • マウス,タッチ,ジェスチャーと複雑化した入力系イベント
  • VulkanやDirect3D 12,MetalといったOpenGL以外のグラフィックAPIへの対応
  • Qt Quick,Qt 3D,Qt 3D Studioの関係性
  • 長年の課題となっているデザイナーと連携する開発フロー
  • Cloudへの対応

これらのすべてがQt Contributors' Summitで話題になったわけではありませんが,その多くについてはセッションが開催されていました。

Welcome sessionも終わりに近づいて,他に議題にしたいことがあればスケジュールに追記して欲しいという話の中で,Larsからもう1つということで,Qt内のコードスタイルをどうするか,という問題提起がされました。コードスタイルを強制するかという問いかけに「No」⁠Yes, Please」と相反する答えが即座に返ってきて,軽く議論が始まります。このあたりが開発者の多い集まりらしい雰囲気でおもしろいところです。

とはいえ,残り時間もないということでWelcome sessionも終わり,参加者たちもQtCSの各セッションへと移っていきました。

著者プロフィール

朝木卓見(あさきたくみ)

1996年からQtを使い始める。

2006年,Qtの開発元であったTrollTech ASAにてQtのコンサルティングやサポートに従事。

2008年,TrollTech買収によりNokiaに移籍し,Qtの啓蒙活動なども行う。

現在は株式会社SRAでQtコンサルタントとして活動中。

Officially Certified Qt Specialist

コメント

コメントの記入