レポート

Adobe Design Jimoto vol.7 with ami tumi in 前橋,開催~デザインの力で地域と社会を活性化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Adobe Design Jimotoとは?

⁠Adobe Design Jimoto」とは,日本各地における地域に存在する社会的課題を,地場のクリエイター・アーティスト・デザイナーたちによるデザインの力で解決することを目的としたワークショップイベント。

内閣府地方創生推進事務局に「地域活性化伝道師」として認定された,アドビ システムズ株式会社(Adobe)Creative Cloudコミュニティーマネージャー武井史織氏が企画実行するもの。

今回,群馬県前橋市で活動する一般社団法人TEKITO DESIGN Labとのコラボレーションとして,Design Jimoto前橋が開催された。

Adobe Design Jimoto
https://blogs.adobe.com/creativestation/tag/design-jimoto

群馬県・前橋の魅力とは?~わらじを題材にしたデザインコンテスト

⁠群馬県・前橋の魅力とは?」をテーマに,主催のTEKITO DESIGN Labと強い関わりのある適十塾が現在取り組んでいる「わらじプロジェクト」をかけ合わせ,⁠前橋の魅力をわらじを使って伝える」と題したデザインワークショップが開催された。

イベントのMCを務めた一般社団法人Tekito Design Lab代表理事 蛭子彩華氏(左)とAdobeCreative Cloudコミュニティーマネージャー武井史織氏(右)

イベントのMCを務めた一般社団法人Tekito Design Lab代表理事 蛭子彩華氏(左)とAdobeCreative Cloudコミュニティーマネージャー武井史織氏(右)

開幕にあたり,地元クリエイターに激励の言葉を贈る群馬県前橋市山本龍市長(撮影:Mayu Shimura/Lo.cul.p)

開幕にあたり,地元クリエイターに激励の言葉を贈る群馬県前橋市山本龍市長

このワークショップには事前申し込みによる全9チームが参加し,イベント開催時間の13:00~16:00の3時間の間に,布わらじのデザイン創りに取り組んだ。各チームのプレゼンテーションには,2018年5月16日に無償で利用できるスタータープランが発表されたばかりのAdobe XDを用いて行うというルールになっている。

表彰については,聴講者による投票で決まるグランプリ(オーディエンス賞)⁠TEKITO DESIGN Labが選ぶ適十塾賞,Adobeが選ぶアドビ賞の3つの賞が用意され,各チームメンバーが持つ想像力,創造性とデザインに,ツールが持つデザイン機能を組み合わせ,聴講者に向けてどのぐらいまでアピールできるかが採点のポイントとなった(表彰については後述)⁠

トークセッションのあいだに,デザイン制作に取り組む各チームの様子

トークセッションのあいだに,デザイン制作に取り組む各チームの様子 トークセッションのあいだに,デザイン制作に取り組む各チームの様子

会場となった約120年の歴史を持つ「上毛倉庫」

会場となった約120年の歴史を持つ「上毛倉庫」

多彩なスピーカー4名によるトークセッション

9チームがデザインを創り上げているあいだ,前橋にゆかりのある4組によるトークセッションが行われた。前橋出身で前橋で活躍する方,前橋だけではなく東京や他の地域でも活躍する方,自身の仕事の一環で前橋に関わるようになり,前橋に貢献する方など,多彩な顔ぶれによるトークは,聴講者を強く惹きつけた。

次世代人財塾適十塾塾長/専修大学経営学部特任教授の見山謙一郎氏。今回のDesign Jimoto前橋の仕掛け人の一人でもある。自身が取り組んでいるわらじプロジェクトなどを通じ,前橋への貢献について皆ができることについて語った

次世代人財塾適十塾塾長/専修大学経営学部特任教授の見山謙一郎氏。今回のDesign Jimoto前橋の仕掛け人の一人でもある。自身が取り組んでいるわらじプロジェクトなどを通じ,前橋への貢献について皆ができることについて語った

株式会社総和・ディライト代表取締役/Maebashi 45day2016リーダー/太陽の会メンバーの渡邉辰吾氏。⁠デザインからつながりが生まれる」と自身の考え述べたうえで,⁠無理に街おこしをする必要はなく,自分たちが街を楽しむこと。その結果として街が盛り上がるはず」と聴講者に強くアピールしたのが印象的だった

株式会社総和・ディライト代表取締役/Maebashi 45day2016リーダー/太陽の会メンバーの渡邉辰吾氏。「デザインからつながりが生まれる」と自身の考え述べたうえで,「無理に街おこしをする必要はなく,自分たちが街を楽しむこと。その結果として街が盛り上がるはず」と聴講者に強くアピールしたのが印象的だった

大手企業のWebCMや映画出演など,幅広いフィールドで活躍する女優の手島実優氏。⁠地元の前橋が好き」という想いとともに,自身が今,東京で活動している実績を前橋に持ち込むことで「東京と前橋をつなげて仕事をつくっていきたい」と前橋への郷土愛をアピールした

大手企業のWebCMや映画出演など,幅広いフィールドで活躍する女優の手島実優氏。「地元の前橋が好き」という想いとともに,自身が今,東京で活動している実績を前橋に持ち込むことで「東京と前橋をつなげて仕事をつくっていきたい」と前橋への郷土愛をアピールした

WOWコンセプター/クリエイティブディレクター田崎佑樹氏。WOWの肩書に加えて前橋まちなかエージェンシー理事の肩書を持つ。⁠ビジョンとは事実+想像力。そのビジョンを100%信じることが大切」とビジョンの重要性を訴え,どのように文化を取り入れていくかがこれからの前橋に求められること,と自身が感じている課題を掲げ,クリエイティビティによる解決を目指していきたいとのこと

WOWコンセプター/クリエイティブディレクター田崎佑樹氏。WOWの肩書に加えて前橋まちなかエージェンシー理事の肩書を持つ。「ビジョンとは事実+想像力。そのビジョンを100%信じることが大切」とビジョンの重要性を訴え,どのように文化を取り入れていくかがこれからの前橋に求められること,と自身が感じている課題を掲げ,クリエイティビティによる解決を目指していきたいとのこと

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2018年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入