レポート

オープンソースの持つ“熱さ”を実感 ―「オープンソースカンファレンス2018 Kyoto」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

8月3,4日の2日間,KRP(京都リサーチパーク)オープンソースカンファレンス2018 Kyoto⁠OSC2018 Kyoto)が開催されました。

オープンソースカンファレンス(OSC)は,1年を通して日本各地で開催されているイベントで,北海道から沖縄まで全国で行われています。オープンソース関連のセミナー,ブースでの展示,ライトニングトーク(LT)などで構成され,コミュニティ・個人・企業を問わずオープンソースにかかわるすべての人々が幅広く発信を行う場として運営されています。

本記事ではOSC2018 Kyoto 2日目の,基調講演を含めた4つのセッションとLT大会,閉会式の模様をお伝えします。

基調講演:OSC参加10周年,Pasta-Kと考えるOSC Kyotoのこれまでとこれから

OSCは全国に渡って開催されるイベントのため,その運営は各地のローカルスタッフが担当しています。OSC Kyotoでローカルスタッフを10年間務めてきたPasta-K氏が基調講演に登壇し,OSC2008 Kansai(当時はまだOSC Kyotoという名前ではなかった)から今年のOSC2018 Kyotoに至るまでの10年間を振り返りました。

OSC Kyoto ローカルスタッフPasta-K氏

OSC Kyoto ローカルスタッフPasta-K氏

OSCと初めて出会った少年時代

Pasta-K氏がOSCとかかわりを持ち始めたのは2008年,中学3年生のころ。Shibuya.jsというJavaScriptのセミナーイベントがOSC2008 Kansaiにて開催されると知り,OSC Kansaiに初参加してそこから興味を持つに至ったとのこと。

Pasta-K氏が2年目に参加したOSC Kansai 2009の懇親会で,当時の主要スタッフから勧誘(同氏曰く「肩を組まれた」⁠を受け,翌年の2010年からスタッフとして活動を始めたといいます。

2011年からは実行委員会が立ち上がり,本格的なローカルスタッフ活動がスタート。⁠UNIX USER』⁠2006年休刊,SBクリエイティブ)の連載「よしだともこのルート訪問記」で知られる京都ノートルダム女子大学 人間文化学部教授の吉田智子氏が実行委員長となり,OSC Kansai初のローカル企画に登壇しました。そこで学生スタッフとトーク形式のセミナーを行い,立ち見の参加者が出るほどの盛況になったといいます。

独自企画へのチャレンジ

これを機に,さまざまなローカルスタッフによる独自企画が生まれることになります。次の2012年には,初心者向けに「オープンソース入門塾」というブースをスタッフが一丸となって立ち上げました。内容は,スタッフの1人がLEGO マインドストームにリアルタイムでプログラミングを行い,参加者が改善提案を付箋でホワイトボードに貼っていくというものでした。また,2013~2014年にかけては,ArduinoやRaspberry-Piなどのマイコンを使い,コンピュータの原理を学べるような展示を行いました

ローカルスタッフによる,OSSハードウェアを使ったマイコンボードの展示

ローカルスタッフによる,OSSハードウェアを使ったマイコンボードの展示

緑色の付箋に書かれたIssue(改善提案)に対して,下段の青色の付箋で実装報告している

緑色の付箋に書かれたIssue(改善提案)に対して,下段の青色の付箋で実装報告している

OSSを支えるコミュニティとして

10年間の活動を通じて,ずっとOSCローカルスタッフというコミュニティに見守られてきたと語るPasta-K氏。はじめは右も左もわからない状態でしたが,今では毎年会うのが恒例な参加者もいるとのことです。

現在もOSC京都のローカルスタッフには毎年新たなメンバーが入り,さまざまなチャレンジに意欲的に励んでいます。Pasta-K氏は「京都圏内でOSSを支えるコミュニティに飛び込んでみたいという方は,OSC京都ローカルスタッフはいかがでしょうか」と呼びかけ,講演を締めくくりました。

著者プロフィール

宮島幸太(みやじまこうた)

Software Design編集部所属。技術評論社2018年入社。

コメント

コメントの記入