レポート

イノベーションの連鎖を生み出す"テックインテンシティ"を構築せよ ―「Microsoft Tech Summit 2018」でサティア・ナデラが語ったこと

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

11月5日,都内のホテルで開催された日本マイクロソフト主催の技術カンファレンス「Microsoft Tech Summit 2018」のオープニングキーノートには,米Microsoftのサティア・ナデラ(Satya Nadella)CEOが登壇するとあって,開始前から多くの人々による長蛇の列が作られていました。2014年にMicrosoftのCEOに就任して以来,強力なリーダーシップを発揮してアグレッシブな社内改革を次々と断行し,Microsoftを魅力あるテクノロジカンパニーへとふたたびよみがえらせたナデラCEOは,日本のビジネスユーザや開発者の間でもカリスマ的な人気を誇ります。激務の合間を縫って久々に日本のユーザの前に姿を見せたナデラCEOは,我々に何を伝えようとしたのか ―本稿ではキーノートでナデラCEOが伝えたメッセージの内容を読み解いていきます。

米Microsoft サティア・ナデラCEO

米Microsoft サティア・ナデラCEO

最先端テクノロジの導入が組織を変えていく

キーノートの冒頭,ナデラCEOは社会や企業におけるテクノロジリーダーがいまの時代にもっとも意識すべきテーマとして「テックインテンシティ(Tech intensity)⁠という言葉を挙げています。通常,テックインテンシティは"technological intensity"と同義で語られることが多く,R&Dなどの研究部門が企業(あるいは業界)の生産性にどれだけ貢献したかを数値で表す際に使われる言葉ですが,ナデラCEOはここ最近,講演やインタビューの場でテックインテンシティをイノベーションの連鎖を促す基盤的な存在として説明することが増えています。たとえば,新たにクラウドサービスを導入したり,非テックカンパニーが社内エンジニアの採用を増やすなど,いままでとは異なる変化がひとつ起こることで,ビジネスプロセスや従業員のマインドセットにも変化が起こり,やがてそうした変化が連鎖的に伝播することで新たなイノベーションの輪が組織の壁を超えて拡がっていく,そうしたイノベーションの連鎖を支える基盤をナデラCEOは"テックインテンシティ"と呼んでいます。

では企業がテックインテンシティを備えるには何が必要なのでしょうか。ナデラCEOはテックインテンシティを実現するためには

テックインテンシティ=(テックアダプション)^テックケイパビリティ

という方程式を意識する必要があるとしています。テックアダプション,つまり最先端のテクノロジをスピーディに導入することで変化の起点が生まれ,生産性の向上など具体的な変化とともに,すこしずつ組織の文化やマインドセットにも影響が見られるようになります。こうしたテクノロジをベースにした変化が良いかたちで連鎖していくとその企業には独自のテックケイパビリティ(デジタルケイパビリティ)が生まれ,それが差別化要因となっていきます。

ナデラCEOが示したテックインテンシティのための方程式。⁠デジタルトランスフォーメーション」と似ているが、テクノロジの導入(アダプション)を起点に差別化要因となるケイパビリティを拡張していくという点がユニーク

ナデラCEOが示したテックインテンシティのための方程式。「デジタルトランスフォーメーション」と似ているが、テクノロジの導入(アダプション)を起点に差別化要因となるケイパビリティを拡張していくという点がユニーク

ナデラCEOは「テックアダプションにひもづくテックケイパビリティの強化がテックインテンシティの確立へとつながる。どんな企業でもテックインテンシティを構築することができる。Microsoftは"地球上のすべての個人とすべての組織が,より多くのことを達成できるようにする"をミッションに掲げているが,それにはすべての企業がテックインテンシティを備えることが含まれる。テクノロジのためのテクノロジではなく,より多くの人々がより多くのテクノロジを生み出すためのテクノロジ,Microsoftが作っていくのはそういうテクノロジであり,企業は我々のテクノロジをビルディングブロック(building blocks:構成要素/単位)として使ってほしい」と語り,どんな企業であってもテックインテンシティを実現する方法があることを強調します。逆にいえば,テクノロジとそれによる変化の連鎖を受け入れる覚悟がなければ,どんな大企業であっても競争力を失い,時代から取り残されてしまうということなのでしょう。

Microsoftミッション ―すべての人とすべての組織がより多くのことを成し遂げられるよう,テクノロジカンパニーとして最高の技術を提供していく

Microsoftミッション ―すべての人とすべての組織がより多くのことを成し遂げられるよう,テクノロジカンパニーとして最高の技術を提供していく

ビルディングブロックとしてのMicrosoftの技術はインテリジェントクラウドとインテリジェントエッジをプラットフォームとして,互いにゆるやかに連携できるかたちで提供される

ビルディングブロックとしてのMicrosoftの技術はインテリジェントクラウドとインテリジェントエッジをプラットフォームとして,互いにゆるやかに連携できるかたちで提供される

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Blog 「G3 Enterprise」やTwitter(@g3akk),Facebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

2018年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入