レポート

Qtが拓くUIの未来を先取り ―「Qt World Summit 2018 Boston」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

はじめに

2018年10月29日~30日の2日間,アメリカのボストンで,The Qt Company社主催のカンファレンス「Qt World Summit 2018」⁠以下QtWS)が開催されました。会場は,空港からのアクセスも良いThe Westin Boston Waterfrontというホテルでした。

会場となった The Westin Boston Waterfront

会場となった The Westin Boston Waterfront

QtWSは,C++のクロスプラットフォームアプリケーション開発フレームワークであるQtの世界的なカンファレンスです。6月に開催されたQt Contributors' Summit 2018がQtの開発者による議論の場という位置づけであるのに対し,QtWSはQtのユーザーの情報共有の場という位置づけになります。

ここ数年のQtWSは,ドイツもしくはアメリカで1回のみ,3日間の開催となることが多かったのですが,今年はアメリカのボストンとドイツのベルリン(2018年12月5日~6日開催予定)の2回に分けられ,それぞれの開催期間が2日間と短くなりました。また,アメリカの東海岸では初の開催となりました。ボストンとベルリンでは,Qtの最新情報を取り上げている点は共通していますが,ボストンでは医療系と車載系のトピックがバランス良く扱われていたのに対し,ベルリンでは車載系のトピックが重点的に扱われるようです。

QtWSの内容としては,例年同様,初日はトレーニングデーとしてスポンサー企業によるトレーニングが,2日目はカンファレンスデーとしてキーノートやセッションが行われました。また例年,カンファレンスデーにはスポンサー企業によるデモブースが設置されますが,今回は開催期間が短いこともあり,トレーニングデーから設置されていました。QtWS全体の参加者は500名程で,米国からの参加者が目立っていました。

ここからは大きく,トレーニング,キーノート,セッション,デモブースに分けてそれぞれの内容を記載します。

トレーニング

初日はトレーニングデーという位置づけで,KDAB社,ICS社によるトレーニングが行われました。Qtやその使い方への理解を深めることが目的になります。トレーニングは大きく初級者向けと上級者向けのコースに分かれており,全部で以下の11コースがありました。

初級者向け
  • Hands-on Qt on RaspberryPi(ICS)
  • Effective 3D in Qt(KDAB)
  • Introduction to QML(ICS)
  • Multithreading in Qt(KDAB)
  • User Experience Design for Embedded Devices(ICS)
上級者向け
  • Advanced QML(ICS)
  • Network Application Dev with ZeroMQ and Qt(ICS)
  • Optimizing Qt Applications on Limited Hardware(ICS)
  • Profiling and Debugging for Linux(KDAB)
  • QML Applications Architecture(KDAB)
  • What's New in C++17?(KDAB)

参加者は申込み時にどれか1つを選択しておく必要があります。上記のコースは基本的には1日のコースになりますが,中には半日のコースもありました。また,トレーニングは全体的に講義形式で行われていました。

初日トレーニングの模様

初日トレーニングの模様

私は「Hands-on Qt on RaspberryPi(ICS)⁠に参加しました。このコースは1日のコースで,C++やGUIプログラミングの基本的な理解がある人を対象に,Raspberry Pi上でQt Quickアプリを動かす方法を学びます。講師はICS社で数多くのトレーニング講師の経験を持つChris Probst氏でした。

参加者は事前の案内に従ってノートPCに必要なソフトウェアをインストールし,当日持参する必要がありました。当日はまず,ICS社からRaspberry Pi(Raspberry Pi 3 B+ board)⁠タッチスクリーン,VMイメージ(Qt/Qt Creatorインストール済みのもの)が提供され,クロスコンパイルをするためのセットアップを行いました。参加者の中にはセットアップが上手く行かない方もいましたが,参加者同士で教え合って解決したりしていました。セットアップの完了後,ノートPCでQt Quickアプリのクロスコンパイルを行い,Raspberry Pi上で動作確認をしました。

当日のこのコースの参加者は20名程度で,講義中には質問が活発に行われていました。また,初級者向けのコースということもあり,Qt Quickアプリについての説明も丁寧で,Qt初心者でも理解しやすい内容になっていました。

著者プロフィール

千田順子(ちだじゅんこ)

株式会社SRAのエンジニア。2016年からQtチームに配属され,Qtのアプリケーション開発を担当している。

コメント

コメントの記入