レポート

Kotlin,IntelliJ IDEAを生んだ企業カルチャーに開発現場を進化させる原動力を見た ―「JetBrains Night Tokyo 2018」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

11月20日,ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター(東京都港区)にて「JetBrains Night Tokyo 2018」が開催されました。

会場に積まれたJetBrainsのロゴが入ったヨーヨー

会場に積まれたJetBrainsのロゴが入ったヨーヨー

JetBrainsは統合開発環境「IntelliJ IDEA」⁠プログラミング言語「Kotlin」の開発元として有名な,チェコはプラハに本社を置くソフトウェア企業です。イベントでは日本語トラック・英語トラックが並行して行われましたが,両会場ともほぼ満員,ITエンジニア/プログラマからの注目度の高さが伺えました。

イベントのオープニングを務めたJetBrains VP Sales,Alexey Reshtenko氏

イベントのオープニングを務めたJetBrains VP Sales,Alexey Reshtenko氏

同じくオープニングを務めたJetBrains Japanチーム カントリーマネージャ,堀岡 勝氏

同じくオープニングを務めたJetBrains Japanチーム カントリーマネージャ,堀岡 勝氏

JetBrainsの企業カルチャーが紹介された基調講演と,JetBrainsのチームツール,Kotlin,Go言語専用IDE「GoLand」に関するセッションをそれぞれレポートします。

基調講演:開発者の生産性を上げるための組織作り ―JetBrainsでの取り組み
―JetBrains Developer Advocacy Hadi Hariri氏

Hadi Hariri氏

Hadi Hariri氏

2000年に3人から始まり,現在は1,000人以上の社員が働くJetBrainsでは,上司を介さずにCEOに意見が言えるような,階層のない組織を常に目指しているとのこと。社内の規則については「自由」の一言に尽き,就業時間,さらには業務内容にも制限がほとんどありません。実際,開発の人間がセールスへ,セールスの人間が開発へと業務を変えることがよく起こるそうです。

「社員には会議に出席さえしてくれれば良い」というHariri氏ですが,この会議についても改善が続けられています。無駄な会議をなくすため,⁠話し合うトピックは1つの会議で1つ」⁠会議後に具体的なアクションが発生すること」⁠疑問は会議前に片づけておくこと」を徹底しているそうです。さらに,開発の進捗状況などを共有する,いわゆるスタンドアップミーティングは廃止し,SlackとConfluenceを使った情報共有に置き換えたとのことでした。

JetBrainsのこういったカルチャーを作り出すのが,3つの⁠No⁠です。

  • No micro-management
  • No micro-reporting
  • No permission required

日本で言うところの「中間管理」⁠定期報告」⁠申請・許可のフロー」をなくすということになります。これにより,社員一人一人が自分で自分をマネージメントする必要が出てきます。自由に仕事ができるようになる一方,こうしたことが苦手な人も存在するので,Hariri氏は「自己組織化」の重要性を説きました。⁠仕事を効率化したい」⁠製品にこの機能を追加したい」と自分で目標を立てたら,それが本当に自分の属するチームや会社に価値を提供するかを,常に自問することが重要だと語りました。

著者プロフィール

中田瑛人(なかたあきと)

Software Design編集部所属。2014年 技術評論社入社。

コメント

コメントの記入