レポート

「Webは次のギアにシフトしている」〜HTML5 Conference 2018 基調講演レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

11月25日,東京電機大学千住キャンパスにてHTML5 Conference 2018が開催されました。本稿では基調講演の模様をレポートします。

カンファレンスの最初に基調講演が行われました。3名の登壇者が発表しました。

岩井将行氏「IoTとWEB技術が支える社会・大学としての人材育成の役割」

はじめに会場を提供している,東京電機大学未来科学部情報メディア学科准教授の岩井将行氏が登壇しました。

画像

岩井氏の研究室からはWeb関係の会社に就職する学生も多く,これまでのように学術をやっている大学がハブになって企業とつながり,今後も若い人材を育成していきたいという話がありました。

そして岩井氏は,時代としてIoTから一進んでWeb of Thingsになってきていると,ますます感じていると言及しました。たとえば,ESP32とそのモジュールが秋葉原を中心に人気で,M5Stackという形で販売されています。名刺と比べられるサイズのデバイスであり,そこでWebサーバを動かせ,様々なやり取りができます。岩井氏はそうした意味でもHTML5 Conferenceに期待しているとし,モノづくりの大学なので,最新技術を取り入れて新しいものを作っていきたいと話しました。

また,東京電機大学学長の安田浩氏からもビデオメッセージがありました。Web技術はSociety 5.0である超スマート社会の情報共有を支える技術の一つだとし,本日は活発な議論と交流がおこなわれることを期待していると語りました。その後に,安田氏自身が一年前にCTA(Consumer Technology Association)殿堂に入ったのはJPEG/MPEGの国際規格標準化への取り組みが評価されたものであり,参加者らが現在取り組んでいる技術もそういうものになることを期待しました。ほかに,社会人向けに高度なサイバーセキュリティーを学べるコースCySecの紹介もありました。

画像

吉川徹氏「コミュニティとカンファレンスの話」

html5j代表の吉川徹氏が登壇しました。

画像

今年の活動報告

html5jとしての今年の活動について取り上げました。昨年で開催が途切れてしまっていたHTML5とか勉強会を再開し始めたこと(隔月で開催予定)⁠またWebプラットフォーム部ゲーム部の勉強会があったことを紹介しました。

画像

イベント名はこれからもHTML5 Conference

そして,HTML5 Conferenceというイベント名の話に触れました。イベント自体は今年7回目の開催で,開催規模は年々大きくり,今回は1日で定員に達したそうです。吉川氏は「HTML5という言葉にすこし古い印象が持たれて先細っていくかと思っていたが,大盛況な状況だ」と述べていました。

昨年,イベント名にHTML5の冠をつけるのを止めるかもしれないと言及したことについては,途中まではその方向で進み,実際に仮の名前も決まっていたけれども,結局しっくりこなくて変更しないことにしたと言います。理由はHTML5という言葉やHTML5 Conferenceというイベント名が広く認知されているため,それを捨てるのはもったいないこと,またHTML5は強いキーワードであるため他の言葉に置き換えると印象が薄くなったり,フォーカスがずれてしまう恐れがあると判断したからだと話していました。そしてHTMLはLiving Standardになっていることもあり,今後もHTML5 Conferenceでいく予定だそうです。

テーマは「The Web is shifting to the next gear」

次に,今年のテーマである「The Web is shifting to the next gear」について取り上げました。Webはとても速いスピードで進化してきましたが,ギアが変わったように,より深くより速く進化していく,という思いを込めて設定したそうです。吉川氏はその理由を話していきました。

これまで新しい技術は,最初にネイティブで実装がされて,適度に成熟した後にWebで標準化され,そしてブラウザで実装されていました。しかし最近は世の中に新しいものが出てきた時に,ネイティブでこなれてくる前にWebにもってきてしまう,そういった速いスピードで議論が始まっています。

例としてWebXRを挙げ,ChacmoolというARのデモ,Mozillaが公開しているFirefox Realityにあるゲームを紹介しました。また,Web Authenticationを取り上げ,WindowsにあるWindows Helloという顔認証をWeb上できるようになったことを紹介しました。

画像

このように高速に開発できるのは,Living Standardでなければできないことだと指摘しました。その結果,これまで待たなければいけなかったところで,議論に参加したりフィードバックしたりし,新しいものをより良くできるようになっています。それによって,ギアが変わったように早く進化しています。

吉川氏は「我々もWebに対するスタンスを変えて,待つだけでなく,新しい仕組みや仕様,ものに触れてどんどん変えていかないといけない。カンファレンスで触れた最新情報を持ち帰って,このテーマのようにがんばること,それを念頭におきつつもコミュニティとして楽しみましょう」と結びました。

著者プロフィール

高橋和道

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

URL:https://twitter.com/k_taka

コメント

コメントの記入