レポート

OSSライセンスMeetup Vol.3「知財部門から見たOSSライセンス」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

2019年6月11日(火)に開催されたOSSライセンスMeetup Vol.3「知財部門から見たOSSライセンス」の参加レポートをお届けします。

OSSライセンスMeetupとは

その名の通り OSS(Open Source Software)のライセンスに関するテーマを扱うMeetupです。一口にOSSライセンスと言ってもさまざまなものが存在し,エンジニアだけではなく知財部門などのいろいろな立場の方も巻き込んで理解が必要なものだと思います。そういう意味でこのMeetupは,ありそうでなかったものですし,とても貴重な場だと思います(参考:Vol.1のレポートVol.2レポート)⁠

今回は「知財部門から見たOSSライセンス」というテーマで,前半は「⁠知財部門』とOSS」⁠⁠OSSライセンスとの格闘経験から」⁠元)特許部門担当の視点から」という3本のセッションでした。知財という,エンジニアから見ると残念ながら少し煙たいと思われがちな部門の方の視点で見たOSSライセンスと,エンジニアとの関わり方についてのとても興味深いお話です。

後半は知る,読む,使う! オープンソースライセンスなどOSSライセンス関連の著作を持つテクニカルライター可知豊さんと共にディスカッションとなりました。

  • セッション1:『知財部門』とOSS(大崎雅行さん)
  • セッション2:OSSライセンスとの格闘経験から(大内佳子さん)
  • セッション3:(元)特許部門担当の視点から(大崎雅行さん)
  • オープンディスカッション(司会:可知豊さん)

Meetupの雰囲気

今回も人気が高く参加枠が増枠され,当日キャンセルも少なく70人近くの人が詰めかけました。参加者の皆さんが講演者の方の話を熱心に聞き入っていただけでなく,その後のディスカッションでも積極的に発言をされていたことからも,このMeetupに対する期待や熱を感じました。ライセンスの話と聞くと難しくてカタイものを想像してしまいますが,参加している方々も,エンジニアはもちろん研究者や会社の法務担当と多彩で,参加することが楽しかったです。

会場は今回もサイオス株式会社さんの9Fラウンジ。毎度お世話になっています

会場は今回もサイオス株式会社さんの9Fラウンジ。毎度お世話になっています

セッション1:『知財部門』とOSS

はじめに,大崎さんから知財部門とOSSライセンスの関わりについての短いセッションがありました。

知財部門というのは,一般的には企業で「知的財産関連業務」⁠権利確保/侵害予防/情報分析/契約支援など)を担当していて,企業によりそれぞれ異なるビジネス形態に合わせて支援を行うとのこと。では,このような業務を行う「知財部門から見たOSSライセンス」とは? というのが,このあとのセッションで語られました。

大内佳子さん(左)と大崎雅行さん(右)

大内佳子さん(左)と大崎雅行さん(右)

セッション2:OSSライセンスとの格闘経験から

大内さんから,これまでOSSに関係した経験と知見について1990年代から振り返っていく,という内容でした。

1990年代はパソコン通信からインターネットの時代への移行が進み,LHAなどのフリーウェアの利用が一般的になりました。2000年代になると徐々にOSSが利用されるようになってきたことから「これからOSSの相談がどんどん増えてくるだろう」ということで,SE部門のOSS知財担当に大内さんが抜擢。そこで「SE部門の知財担当者がライセンスをきちんと理解できるように」とコーポレート(親会社)の知財担当者とライセンス文章の読み合わせを始めたそうです。

ところが,まずはBSDライセンスを読み始めてみると読み解くのが結構難しく,いくつもの疑問が。

  • 「変更するかしないかを問わず」って, 結局は変更を許諾するってこと?
  • 条件一覧や免責などを「含める」って,どういうこと? “retain⁠⁠reproduce⁠で何か違う?
  • 変更を許諾するのにソースコードは出さなくてもいいの?

BSDライセンスを調査

BSDライセンスを調査

では,他のOSSライセンスではどうかということでGPLについても調べてみたところ,GPLの伝播の範囲については,フリーソフトウェア財団(FSF)のサイトにあるFAQを見ても「これは法的な問題であり,最終的には裁判官が決めることです」と書かれているなど,結局はっきりした解釈を見つけることができなかったそうです。このため,パターンはあるにせよケースに応じて判断する形で対応されていたといいます。

著者プロフィール

Kunihisa Abukawa

今は無所属のソフトエンジニア。さまざまな勉強会の情報発信を通じて,今とは違う世界もあるということをすべてのエンジニアに届けたいと活動中。

Twitter:@kabukawa