レポート

「PyCon DE & PyData Berlin 2019」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

はじめに

2019年10月にベルリン(ドイツ)にて開催されたPyCon DE & PyData Berlin 2019のレポートをお届けします。初めて参加した国外のカンファレンスで,非常に楽しめました:)

到着:ベルリン・テーゲル空港(2019年10月8日)

到着:ベルリン・テーゲル空港(2019年10月8日)

PyCon DE,PyData Berlinとは

PyConは世界各国・地域で開催されるPythonのカンファレンスです。PyCon DEはドイツのカンファレンスで,ドイツのPythonユーザーグループであるPython Software Verband e.V.(日本の一般社団法人PyCon JPに相当)が主催しています。

PyDataはデータサイエンスに特化したPythonのユーザーグループおよびカンファレンスで,世界各都市で開催されています(東京にもあります⁠⁠。PyData Berlinはベルリンのグループです。

通常,PyConとPyDataは別々のイベントとして開催されますが,今回の「PyCon DE & PyData Berlin 2019」は2つの団体の共催でした。全てのセッションが英語で行われ,そのほとんどが後日YouTubeに公開されます。

オープニングセッション:ステージに並んだ2団体の代表たち

オープニングセッション:ステージに並んだ2団体の代表たち

参加の動機

鈴木たかのりさんが国外の複数のPyConに参加され,発表もされているのをレポートやTwitterなどで見て,自分も参加してみたいと思いました。CfPに応募したところ採択されました。また,ドイツは旅行で何回も訪れたことがあり,馴染みのある国です。ベルリン滞在は8年ぶり2回目でした。

スピーカーバッジ

スピーカーバッジ

期間と会場

10月9日(水)から13日(日)まで5日間にわたって開催され,11日(金)までの3日間のカンファレンス本体とその後の2日間のスプリント(いくつかのプロジェクトについて参加者が一緒に作業や開発を行うイベント)という構成でした。予定の都合上,筆者はスプリントには参加しませんでした。

カンファレンス本体はKOSMOS(コスモス)というイベントスペースを貸し切って開催され,スプリント2日間は別の会場でした。KOSMOSは旧・東ドイツ時代にシネマコンプレックスとして建てられたそうで,多数の客席に大きいスクリーンとプロジェクターを備えた部屋が複数あり,PyConのようにプレゼンテーションを行うイベントにはもってこいの場所でした。

KOSMOS(正面入口の上に設置されたバナー)

KOSMOS(正面入口の上に設置されたバナー)

トークルームの1つ

トークルームの1つ

Key Notes

複数の基調講演がありましたが,その中から2つをご紹介します。

Algo.Rules - How do we get the ethics into the code? ―Carla Hustedt

スピーカー:Carla Hustedt氏

スピーカー:Carla Hustedt氏

スピーカーは,公平・公正なアルゴリズムを開発し運用することを目指すAlgo.Rulesというルールを提唱しているNGOのメンバーです。

我々がデータ分析や機械学習に用いるデータには社会的・経済的なバイアス(例えば性差別や人種差別)が含まれていることがあり,そのままモデルを構築・運用すると,単にそのバイアスを増幅させる結果になってしまうということが事例を挙げて説明されていました。筆者も業務において同様の状況に直面する可能性があり,どうすべきか考えさせられるトークでした。

Python 2020+ ―Łukasz Langa

スピーカー:Łukasz Langa氏

スピーカー:Łukasz Langa氏

Pythonのコア開発者の一人であるスピーカーが,Pythonとの馴れ初めから今に至るまでを振り返り,今後Pythonが目指すところを語ってくれました。⁠今のメインはC言語で実装されたPythonだが,PCよりも携帯端末の方が多くてSwiftのような携帯端末に強い言語がある状況で,このままCPythonだけに依存するのはPythonにとって問題になるではないか」と語り,"We need a Python compiler for Web."とも力説していました。今後の展開が楽しみになりました。

ちなみに,彼は大学の課題にRubyで取り組もうとしたら環境構築で挫折したため"ruby alternative"とググってPythonに出会ったそうです(2004年ごろ⁠⁠。

著者プロフィール

神沢雄大(かんざわゆうた)

ヤンセンファーマ株式会社(ジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門)にデータサイエンティストとして勤務。営業組織及びマーケティング部門と協働し,データサイエンスを通じて意思決定をサポートしている。データ分析の経験は7年を超える。業務ではRとPythonを使うことが多い。フリーランスのデータサイエンティスト,Pythonエンジニアとしても活動している。主な使用言語は日本語,英語,ドイツ語,R,Python,SAS,SQLの7つ。

Twitter:@yutakanzawa
LinkedIn:Yuta Kanzawa