レポート

福岡を,もっとエンジニアが働きやすい街へ!~第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワードレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2012年に「スタートアップ都市宣言」をし,その後も着実にスタートアップシティとしての存在感を高めている福岡市。なかでもIT分野で重要となるエンジニアが働きやすさとスキルの向上を両立できる環境を整えるべく,⁠エンジニアが集まり,活躍し,成長するまち」を目指すエンジニアフレンドリーシティ福岡宣言が,2018年8月に行われました。

その後,エンジニアと取り組みを続け,2019年8月には「エンジニアが集まって活動できる場所がほしい」という福岡のエンジニアたちの声を受けてエンジニアカフェを福岡市赤煉瓦文化館にオープン。オープンから約6か月でコミュニティの勉強会やイベントが140回行われ,参加者のうち,初めてそのコミュニティの活動に参加した人の割合が4割を超えるなど,福岡のコミュニティをますます盛り上げる場所となっています。

そして今回,福岡で精力的に活動し,エンジニアコミュニティ文化の発展やエンジニアが働きやすい環境づくりに取り組むコミュニティや企業を表彰するエンジニアフレンドリーシティ福岡アワードを創設。エンジニアフレンドリーシティ福岡の取り組みがさらに推し進められていきます。

第一回目の表彰式は,2020年1月31日(金)と2月1日(土)に開催された『第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡フェスティバル』内で行われました。本レポートでは,表彰された4団体と2企業の取り組み,受賞者のコメントをお伝えします。

画像

福岡のエンジニアの能力と個性が作り上げた,コミュニティ部門

技術を楽しく学び,福岡から全国へ。Fukuoka.go

画像

Go言語(googleの技術者が設計したオープンソースの言語)に関する勉強会を開催し,エンジニア同士の知見を深め合っているFukuoka.go。勉強会では,それぞれのエンジニアが所属する企業の業務やOSS開発で得た技術的な知見について,毎回熱い議論が交わされているといいます。また,四半期に一度のペースでトークイベントを開催し,全国規模のカンファレンスへ参加するなど他地域のコミュニティと繋がる精力的な活動を行っています。共同代表の一人・小田氏は「気軽にディスカッションできるアットホーム感を大切に活動してきました。connpass(勉強会参加者などを募るプラットフォーム)のメンバーは現在433人になり,2019年の夏には福岡で全国規模のカンファレンスを開催できました。また,岡山や大阪のコミュニティとも合同勉強会を行い,活動の地域を広げています。これからも,Go言語を通じて様々な技術を学び,福岡のエンジニアのレベルアップを図っていきたいです」と語りました。

福岡のチャレンジングなエンジニアに焦点をあてたFUKUOKA Engineers Day

画像

福岡で活躍する技術能力の高いエンジニアにスポットを当て,その活動や技術をまとめて聞けるイベントを過去4回主催したFUKUOKA Engineers Day。従来からの福岡の技術コミュニティ同士の近さを生かし,交流が盛んに行われています。また,イベント内容をブログなどで発信し,他地域での福岡のエンジニアの知名度の向上を図っています。代表の田中氏は「2019年7月に行われた前回のイベントは,公募,企業スポンサーなど全22の団体が一堂に会すとても大きなものとなりました。それでも,登壇希望のコミュニティの数はとても多くて,枠に入りきれない人が出てきたぐらいです。福岡のエンジニアの方々の熱意を非常に感じました。内容も,webアプリの開発やサーバーレスなど,それぞれのエンジニアが現在取り組んでいる課題について熱心に話し合う,意義あるものになったと感じています。次回の開催に向けて,いただいた副賞を活用したいです」と笑顔で話しました。

エンジニアの技術で地域社会の課題を解決Code for Fukuoka

画像

全国,全世界のCode forと同様にシビックテック(テクノロジーを活用して,自分たちの地域や社会の課題を解決する)を行うCode for Fukuoka。遊具で公園を検索できるアプリの開発など,テクノロジーを使って地域社会に貢献しています。代表の德永氏は「私自身が二人の子供を育てながら働いているエンジニアということもあり,活動内容は『日々の生活の中で生まれる課題を解決すること』が軸になっています。また,子ども連れでのイベント参加をOKにしていて,時には子どもや学生たちにも課題解決に協力してもらうことも。シビックテックと生活は密につながっていて,様々な人の協力が不可欠。遊具検索アプリでは,福岡市に素早く対応いただき,データをオープンソース化して活用することができたのも嬉しかったです。また,編み物や縫物,レーザーカッターを使った工作をエンジニアカフェでやっているので,興味がある方はいつでも遊びに来てください」と話しました。

初心者でも楽しめる,面白い体験をARコンテンツ作成勉強会

画像

ARコンテンツ作成勉強会では,AR(拡張現実)を軸に,各種開発ツールの利用方法やセンサデバイス,HMD(ヘッドマウントディスプレイ。バーチャルリアリティを実現するツールのひとつ⁠⁠,画像処理ライブラリを組み合わせたコンテンツの開発方法を,実際に手を動かしながら学ぶ勉強会を行っています。2013年から計100回以上開催しており,高いクオリティで参加者からも高い評価を得ています。代表の吉永氏は「勉強会のモットーは2つ。⁠ハンズオン(体験学習)を中心にして参加者が作品を持って帰れること』⁠初心者でも参加できる丁寧な解説を行うこと』です。おかげさまで現在は福岡のほかに,四国や北海道でも開催しています。少人数制ですぐに枠が埋まってしまうのですが,再開催リクエストにはできる限り応えます。気軽にご連絡ください。プログラミングを使わないものもたくさんあるので,コードが書けない方も参加しやすいと思います。今年の目標としては,他のコミュニティと何かコラボできたら」と話しました。

著者プロフィール

立野由利子(たてのゆりこ)

東京でオウンドメディアやカルチャー誌の編集,ライターを経験後,2020年より福岡に拠点を移す。現在フリーで活動中。人物インタビューや店舗,イベント取材をメインに幅広いジャンルの執筆,編集などを行っています。

バックナンバー

2020年

  • 福岡を,もっとエンジニアが働きやすい街へ!~第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワードレポート

バックナンバー一覧